違う代理店から同じメーカーで入替は出来ない!【複合機】

2017年09月19日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 


 

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

今回は、既存の複合機の入れ替え時の注意点を教えたいと思います。

 

 

 

①違う代理店から同じメーカーで入替は出来ない!
②何故この様なルールが出来たか
③同じメーカーで切り替える手段はないのか?

 

 

 

①違う代理店から同じメーカーで入替は出来ない!

 

弊社ではほぼ全メーカー扱っているとサイトに記載してますので、ピンポイントで「このメーカーの御見積もりをお願いします!」と依頼がかなりあります。

 

その中でも非常に申し訳ないと思うのが「現在○○のメーカーを使っており、リースがもうすぐ終わるので、同じ○○のメーカーで見積もり書を下さい」というお問い合わせです。

 

実は企業に既に入っている現在のメーカーの複合機は、販売した代理店でないと同じメーカーで提案してはいけない!という謎ルールがあるのです。

 

なので、株式会社じむやからゼロックスを導入しているのであれば、ゼロックスを売った株式会社じむやからでないとゼロックスで切替が出来ないのです。

 

ただ、違うメーカーであれば切り替えの制限はありません

 

 

 

②何故この様なルールが出来たか

 

実はOA機器業界は、古参の代理店が多いのでその企業達を守ろうと、このルールを作りました。
これは弊社だけなく全国共通なので覆せません。

正確に言えば、古参の代理店がクレームを入れまくるので、メーカーが自己防衛として取り入れています。

 

もともと複合機は飛び込みで契約を取ってくるというのが一般的で、時代の流れもありこの時に複合機が右肩上がりで成長していきました。
なので、当時の担当が会社で役職を持つようになって、その代理店達に頭が上がらないんですよ。

しかし、現在では弊社の様にネットで集客するスタイルやテレアポが主流なので、飛び込みじゃ厳しいです。

 

他の業界は詳しくは知りませんが、こんなルールがある業界の方が珍しいんじゃないでしょうか?

 

結局のところ、一度入れたメーカーは使い勝手が分かってるので、お客さんもなるべく同じメーカーで切り替えたいと思うのは当たり前です。

 

こちらは違うメーカーで提案せざるを得ないのですが、今の販売店の見積もりが高いという理由で、弊社に依頼してきているので、まず見積もり勝負では負けません。

そうなるとむざむざ他メーカーにシェアを一つ奪われるだけなので、メーカー側も損をしているだけだと思うんですけどね。
未だに居座り営業万歳という会社も多いので、時代に遅れてる感は否めません。

 

 

 

③同じメーカーで切り替える手段はないのか?

 

3つ方法があります。

1つ目は「代理店が倒産した時」です。
この場合は何の制約を受けずにパパっと切り替えができます。

 

2つ目は「今の販売店が切り替えても良いと言った時」です。
弊社も幾度となくメーカーに掛け合った事がありますが、一度もOKとなった事がありません。

 

3つ目は「一部メーカーでなら他社切り替えがOK」です。
シャープムラテック京セラ(自社メンテのところのみ)は大丈夫です。

 

それから、支店を出すので同じメーカーを入れたいと言った場合は、他社でもOKです。

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼