カウンター料金0円!の落とし穴【別で費用が発生する】

2017年04月25日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 


 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

多分ネットで複合機を探している方ならば、この謳い文句を見たことあるでしょう。

 

それは『カウンター料金が無料!!』という広告です。

 

初めに言います。

んな訳ないでしょう!!
いや、確かにカウンター無料の仕組みは出来ますが、その他のとこで別に費用が掛かっているのです。一人の複合機営業マンとしてはどうしても許せない営業トークなんです。

 

複合機の代理店って要するに、メーカーの代わりに売っているだけであって、カウンターの請求は「メーカー→代理店→お客様」に行くんですよ。

 

普通に考えてメーカーから請求があるのに「代理店→お客様」への道をシャットアウト出来るわけがないんです。
じゃあどこで費用が掛かっているか?

 

 

それは
①トナー代
②リース料
③基本料金
のいずれかです。

 

 

①トナー代

risaikuru5ep-25

個人的に一番最悪なのはこのケース。
「カウンター料金不要!」「カウンター無料!」なんて書いてあり、機種番号を見るとキット機(トナー購入方式)・・・

 

当たり前の事をさも重大に発表して、トナー代が必要な事は小文字にしている会社が目につきます。

そもそもですね。
キット機(トナー購入方式)は「A4・6%」っていう基準で計算されているので、どう考えてもカウンター料金よりも高いんですよ。
テーマがだいぶ逸れそうなので、また今度詳しく書きます。

 

まあ 某メーカーの複合機をメインで販売しているとこはこういうやり方をする会社が多いですね。

 

 

 

②リース料

c_cal_image02

これはあらかじめリース料に含んでいる状態です。

今まで20万件以上アプローチした中で、実際に導入しているのは両手に収まるえるぐらいしかみた事はありません。

 

大体月に3万前後ぐらいのリース料で印刷し放題となっていますが、ほぼ全ての会社の印刷枚数は1000枚~2000枚なので、結局はかなり損をしています。

 

多分、そこそこ刷っている会社にしか提案していないのでしょう。
たくさんする会社にこれをやってしまったら、代理店の損失は計り知れないですから

 

食べ放題という形式の飲食店がある同様に、人間は「○○し放題!」に弱いですからね。
リース料3万なら最低でも5000枚は擦らないと損ですよ!

 

 

③基本料金

0d926db34d814c0d190b97f96e0b94b2_s

所謂カウンター最低枚数保障金で、使わなくてもあらかじめ料金を徴収する方式ですね。

 

本来は「基本料金+リース料金がかかります」と言わなければいけないのですが、
ずる賢い代理店は「このリース料で毎月○○枚まで無料!!」という表記をします。

 

だいたい月1000円~1万円までの間で、リース料に加算されているだけですので注意が必要です。

モノクロカウンター3円で提供しているとこだと、【月333枚(1000円)~3333枚(1万円)】ですね。
毎月の無料分を使い切ったら、本来の使用頻度事のカウンター請求がされます。

 

一番上にA3カラー複合機の見積もりを出していますが、この方式で僕のリース料以下で出せる代理店は100%存在しません。

 

 

そうかつ

結局あれこれ策を講じているものの、普通の提案が一番いいんです。

タダより高いものはない!」なんて言葉もあるとおり、無料に釣られると後々高い出費になりますね

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼