複合機のスキャナー欄にあるSMB/FTP/SMTP/WebDAVとは?

2017年11月08日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 


 

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

今回はスキャナーのTPC/IP(トランスミッション コントロール プロトコル)について解説していきます。
どのメーカーのどのコピー機のカタログにも載っておりますが、何が何やら分からないという方が多いので、分かりやすく簡単に説明をしたいと思います。

 

 

 

①SMBとは?
②FTPとは?
③SMTPとは?

 

 

 

①SMBとは?

 

SMB(Server Message Block)はMicrosoftが開発したファイル共有プロトコルで、ローカルネットワーク上のWindowsPCやサーバーの共有フォルダーへデータを送信する機能です。

 

一時は「CIFS」と呼ばれている時期もありました。
個別のパソコンを指定してスキャンデータを送る事が出来ます。
パソコンにスキャンデータを取り込むと言ったら、一般的にこのSMB転送の事になります。
また、NASやファイルサーバーへデータを送信するのも同じくSMB転送になります。

 

 

 

②FTPとは?

 

FTP(File Transfer Protocol)はファイル転送用のプロトコルで、大容量のデータを扱う時に使われる送信方法です。
インターネット上のFTPサーバーへファイルを送信する事が出来ます。

 

ネット上でデータのダウンロードやアップロードが主な使い方です。
WEBサイトの作成には欠かせないプロトコルになります。

 

FTP転送は複合機で言えば、データを「ネット上(クラウド等)にスキャン」し超遠隔地のPCでもスキャンデータを取り込めるもの
SMB転送は複合機で言えば、データを「ローカルネットワーク(社内LAN)のPCにスキャン」するもの。
と考えれば分かり安いと思います。

 

 

 

③SMTPとは?

 

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)は、「シンプル メール トランスファー プロトコル」という名称の通り、Eメールにてデータを飛ばす方法です。

 

複合機でスキャンしたデータをEメールの添付データとして指定のアドレスに送ります
設定にはプロバイダ情報の「サーバー情報」「ポート番号」「ID」「パスワード」等が必要となります。

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼