UTMの先出しセンドバック保守とは?

2020年07月01日

  Aプラン Bプラン
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい
機種 お問い合わせ下さい
リース期間 5年(60回) 6年(72回)
自動更新期間 5年ライセンス 6年ライセンス
リース料金 月額 6,300円以下 月額 5,600円以下
初期費用・設定費用 0円!
保守サポート 0円!
推奨PC接続台数 30台以下
標準装備 ①ファイヤーウォール ②ウイルスブロック ③メール/サーバー保護 ④WEBアンチウイルス ⑤IDP(侵入検知・防止) ⑥P2P対策 ⑦URLフィルタリング ⑧ワイヤレス対応 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

目次

①先出しセンドバック保守とは?
②先出しセンドバック保守を付けた方が良いの?

 

 

 

①先出しセンドバック保守とは?

 

UTMも一般的に高額な製品になる為、保守を気にされる方が結構いらっしゃいます。

 

しかし、UTMの筐体を販売するだけでは、保守という物がついておりません

 

あっても電話サポートぐらいです。そもそもが壊れるような製品ではないのですけどもね。

 

そこで、先出しセンドバック保守というのをオプションを付ける事により、保証が付きます。

 

先出しセンドバック保守とは、言葉の通りUTMに不具合や障害が起こった際に、メーカーから代替機を先に送ってもらい、交換してから旧UTMをメーカーに送るという内容の保守になります。

 

ここで気をつけてもらいたいのが、「じゃあ先出しセンドバック保守に入ってないと、先に送ってもらえないだけで無償での交換は可能なの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、それは間違いです。

 

基本的には先出しセンドバック保守に入っていなければ、UTMが故障しても無償での修理は出来ず、都度修理費を支払うスポット保守になります。

 

 

 

②先出しセンドバック保守を付けた方が良いの?

 

断言しましょう。必ず付けた方が良いです。

 

まずUTMという製品は故障は少ないのですが、やはり全くない訳ではありません。

 

聞いた事はありませんが、下手したら全損の可能性も無きにしも非ずです。

 

せっかく数十万ぐらいの物を購入したりリースしたりしても、そうなってはやるせないですよね?
その為、万が一の時に備えておくべきです。

 

また、もう一つ理由がありまして、UTMの先出しセンドバック保守自体は高いメーカーでも定価で2万円ぐらいです。

 

これで安心が買えるのであれば、付けておいた方が良いです。

 

逆に保守何か必要ない!と断言される方もいらしゃいますが、基本的にその様なお客様の場合、後々不具合が起こったら必ずと言っていい程「どうなってるんだ!」と言われます。

 

そんな時に備え、無料で先出しセンドバック保守を付けております。

 

本当はちゃんとサービスするとことしないとこの線引きはしっかりした方が良いのは承知ですが、企業として一番怖いのがお客様からのクレームですからね。

 

UTMに限らず、保守がある製品には保守に入る事をオススメします。

 

 

関連記事

UTMが月額5900円以下!格安リース価格の「株式会社じむや」

UTMの必要性【シェアの高いメーカー程満足度は少ない?】

UTMの先出しセンドバック保守とは?

メーカーはUTMのファームウェアを更新しない【脆弱性があるまま】

>>コラム一覧

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼