大津市・草津市でコピー機複合機を格安リース販売|株式会社じむや

2019年10月21日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

キャノン iR-ADV C3720F
対応エリア 全国対応
メーカー キャノン
リース料金 月額 7,200円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 激安カウンターでご提供!
カラー 激安カウンターでご提供!
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 

 

 

滋賀で様々な役割を果たす大津市とは

滋賀県の南西部に位置し、京都府の東側に隣接している大津市。滋賀県の人口の約4分の1が大津市に集中しています。京都や大阪へのアクセスが良いので京阪神のベッドタウンともなっています。

 

大津市は京都、奈良そして鎌倉と並び古都指定を受けた伝統と歴史のある街です。豊かな自然の美しい風景を擁する一方で、県庁所在地として第三次産業の各業種大小の企業が集まっている面も持っています。

 

教育機関としてはびわこ成蹊スポーツ大学、成安造形大学、滋賀短期大学等の他に複数の専門学校があります。教育機関が複数あることで若者人口を確保したり、施設関連の様々な経済効果が期待できます。

 

大津市の特産品といえば鮒寿司や組紐、しじみ等があげられますが、鉄鉢料理や菊精進料理を地元の日本酒で楽しむこともできます。

 

また大津鴨ネギおこやうなむす(うなぎのおむすび)などはB級グルメイベント等で出会ったことがある方もいらっしゃるのでは?

 

大津市はまた南郷温泉や石山温泉、びわ湖温泉等々複数の温泉地があります。温泉と琵琶湖の風景を楽しみに来る観光客も多数います。

 

 

 

大津市のOA機器事情

大津市の事業所数は11,000箇所を越えており、国内でもOA機器の需要が高い都市の1つです。県庁所在地という性格柄、情報通信業や金融・保険業の割合が高くなっています。

 

こういった事業所は概してOA機器の使用頻度が高い為、それだけ定期的なメンテナンスが必要となってきます。

 

特定の機能がうまく作動できない、紙詰まり等の原因がどこにあるのかを見つけるのはその機器の専門家でないとなかなか難しかったり、長時間を費やしてしまう場合が多々ありますね。

 

またプリンターのちょっとした不具合の原因が分かっても、そこから内部のクリーニングやドラムの交換といった慣れない作業で半日も時間を費やし、仕事がストップしてしまうリスクが大型機器の購入を選択した場合は伴います。

 

リース契約ではお電話やサービスマンの対応によってこういった時間の浪費を回避することができ、結果的に導入後の維持費用を安く抑えることも可能です。

 

大津市の人口は30数万人と、決して大規模な都市ではありません。

 

したがって市内の多くの企業の従業員数も中小規模である事が予想されます。複合機やコピー機を必要とするそのような事業所や施設に合ったリースタイプを提案できるのはリース専門会社の強みでしょう。

 

 

 

草津市はどんな街?

かつて草津市は東海道と中山道が分岐・合流し、東海道五十三次のうち江戸から数えて五十二番目の宿場町として栄えました。

 

そんな草津市が住みよさランキングでは全国で常に上位にランクインし、2013年から2017年まで連続して近畿1位となったことはあまり知られていないかもしれません。

 

住まいの環境がますます重視される中、草津市は今後の移住地として候補に挙げられる機会が増えてくる可能性があります。

 

草津市は名産も複数あります。例えばこしひかりを使い、さらに食味値85点以上かつ外観1等級という厳しい審査をクリアした米にのみ認定されたプレミア米「匠の夢」というブランドがあります。

 

こういったブランドのおかげで草津産米全体の地位向上及び栽培技術向上が期待できます。また「草津ブランド」として草津産わさび菜である「愛彩菜」や、30年以上の歴史をもつ草津メロン等も一度は味わってみたい特産品です。

 

ホンモロコという魚をご存知でしょうか?小型でくせがなくコイ科でもっとも美味しいとされ、漁獲量の少ない高級魚です。

 

草津市は全国初の養殖実験を実施し、休耕中の田んぼを利用した「草津ホンモロコ」を草津ブランドに登録しました。天ぷらや南蛮漬け等でおいしいご飯のお供になります。

 

草津市には立命館大学びわこ・草津キャンパスがあり、複数の学部と研究科でたくさんの学生が学び、教職員が働いています。大学と地域や企業との様々な形のコラボで産官学それぞれに経済効果を出しています。

 

また広域交通網の利便性が高いので実は家電等生活関連製品を作る企業の研究機関もあるのはあまり知られていないでしょう。

 

豊かな自然環境と都市への便利な交通網を確保している草津市。今後も様々な方向性で進展の可能性が考えられます。

 

草津市のように多様なアクティビティがある街では、それぞれの業種のニーズや特徴を聞いて最適な機器の提案ができるのがリースのプロの強みです。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機のカウンター料金とは?【2020年の最新価格相場】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼