複合機の基本料金(カウント最低料金)とは?

2018年03月16日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 


 

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。
 

 

今回は複合機ににおける基本料金(カウント最低料金)について書きたいと思います。
一番上に見積もりを出していますが、こちらも基本料金(カウント最低料金)1000円で設定されております。

 

通常カウンター料金とは使用枚数事に加算していき 一定期間事に代金を請求するサービスカウント料金×使用枚数=請求金額)となりますが、最低料金とは「毎月この金額分は最低頂きます」という料金になります

 

 

ですので、簡単に説明すると

【カウント料金×枚数】が月に1000円超えなくても1000円は頂きます。
【カウント料金×枚数】が月に1000円超えた場合は関係ない料金になります。

というかたちになります。

 

 

例1
☆モノクロカウンター【3円】×月の使用枚数【200枚】=月の使用金額【600円】の場合
最低料金が1000円の為、請求額は1000円

 

例2
☆モノクロカウンター【3円】×月の使用枚数【600枚】=月の使用金額【1800円】の場合
最低料金が1000円ですが、それを超えている為、請求額は1800円

 

 

 

お分かり頂けたでしょうか?

 

この基本料金の名称は販売業者によって呼び方が異なる場合がありますので、リース料金以外に固定費が書いてある場合は大抵カウント最低料金です。

 

 

呼び方の一覧としましては、
基本料金
カウント最低料金
カウンター最低料金
パフォーマンスチャージ料金
等があります。

 

よく勘違いされるのが、【リース料+カウンター料金+基本料金】と認識され全て別個で請求されると思ってらっしゃる方がおりますが、あくまで毎月使用するカウンターが設定金額に満たない場合に頂く費用になりますので、【リース料金+カウンター料金 or  基本料金】となります。

 

これはカウンター料金の中に「無料出張メンテナンス費」「部品代」「トナー費用」等が含まれており、極端に使用枚数が少ないとメーカーは赤字になってしまうので、こういった月額の最低料金を設定しております。

 

ちなみにカウンターかキット(トナー購入方式)を選べるメーカーもございます。

 

 

関連記事

複合機(コピー機)のリース料金やカウンター料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

コピー機や複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼