複合機6,900円以下

複合機の現金購入だと保守が出来ないは嘘!リース保証と保守は違う


業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円以下で格安リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

今回は業務用複合機を現金購入した場合の保守についての記事となります。

 

 

複合機の現金購入だと保守が出来ないは嘘!

 

お客様からよく「買った場合の保守はどうなるの?」と言われるので、皆さんにご紹介したいと思います。

 

結論から言いまして、複合機を現金で購入したとしてもちゃんと保守ができます

 

何十万の業務用複合機を買って保守メンテナンスが出来ないとなったら、業務用の意味がありませんからね。

 

 

 

保守メンテナンスはカウンター料金に紐づいている!

 

では現金で購入し場合、保守料金はどういう風になるのかといえば、カウンター料金が保守費用となります。

 

後でご説明しますが、リース会社の保証とメーカーの保守は全然意味が違いますので、皆さんがご心配されている「メンテナンス」はカウンター料金さえきちんとメーカーにお支払いしていれば、訪問費用やトナー費用等全て無料となります。

 

稀にカウンター方式ではない「キット方式(トナーを購入するがカウンターは無い)」で複合機を使用されている場合は、複合機を導入した販売店から純正品を購入すると保守が無料です。

 

トナーの費用が高い!というのは保守料金も込みだからなんです。

 

 

 

そもそもリースの保証とメーカーの保守は意味が違う

種別 状況 対応の仕方
リース会社の保証 複合機が完全に壊れた後 リースの残金を免除
メーカーの保守 複合機が完全に壊れる前 訪問して修理やメンテ

 

上記にあるようにリースの保証とメーカーの保守は意味が全く違いますので、解説をしていきます。

 

 

『リース会社の保証とは?』

リース会社の保証とは、俗に言う「動産総合保険」の事を指します。

 

リースで物件を借りると自動で動産総合保険という保険にも加入となります。

 

料金が発生する等のデメリットは一切ありませんが、その代わりにメリットがあるとも言い切れないのです。

 

この保険の特徴といたしまして、自分達の過失じゃない火災や落雷等で複合機が完全に故障してしまった場合に、残りの残金をリース会社に支払わなくても良いという特徴があります。

 

しかし考えてみてもください。

 

ローンにそのような保険があるでしょうか?ありませんよね。

 

何故なら本来得られるはずの利益を手放してしまう行為になるからです。

 

では何故リースではこの様な保険が付いているのかといえば、実際にそのような事になるケースが少ない かつ あったとしても立証責任はユーザー側にあるからです。

 

基本的に残りの残リースを払わなくても良いとなったら、販売店に先に一括で全額支払っている為、かなりの赤字になってしまうので、リース会社はなるべく使いたくない
のです。

 

 

『メーカーの保守とは?』

皆さんが求めているのはこのメーカーの保守です。

 

これは複合機の不具合やトラブルがあった際に駆けつけてメンテナンスをしてくれるサービスであります。

 

基本的に平日の9時~17時までのオンコールだったら何処のメーカーも当日メンテナンスが可能となります。

 

複合機が完全に壊れる前に対応するのが一般的でリースの保証とは真逆となりますね。

 

ただ、複合機を導入して割とすぐな期間で完全に故障した場合は、丸ごと入れ替えてもらる事があります。

 

実際にあった例ですと、キャノンの複合機を導入して1ヶ月で基盤が故障して、にっちもさっちもいかなくなった会社様がありましたが、メーカーに連絡したらすぐに同じ機種の新品で入れ変えてくれました。

 

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。

取り扱いメーカー

キャノン コニカミノルタ シャープ 富士ゼロックス ムラテック リコー 京セラ 東芝
Scroll Up