複合機リースの動産総合保険とは?【補償と保守は別物?】

2020年01月31日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

目次

①複合機リースの動産総合保険とは?
②動産総合保険では保守メンテナンスをしてもらえない!
③動産総合保険が付いているからと言ってリースが良い訳ではない

 

 

 

①複合機リースの動産総合保険とは?


出典:三井住友海上

 

複合機は基本的現金購入かリースという選択肢で導入する企業が多いと思いますが、統計上8割ぐらいの企業がリースを選択しております。

 

リースで導入した企業がしきりに言うのは「リースは補償があるから」という理由で選ばれていますが、では実際どんな補償なのか?と尋ねると詰まってしまう方も多いです。

 

皆さんがおっしゃる補償というのは、リースに紐づいている動産総合保険という制度の事を指します

 

あまり広く知られていない保険ですが、対応出来るのは「火災」「落雷」「破裂・爆発」「落下・衝突」「風災・雪災」「水濡れ」「いたずら」「盗難」「事故」等による偶然事故が起きた場合に補償がされます。

 

補償額は「損害額 – 自己負担額」となり、動産総合保険が認められれば、残りのリース残債と相殺してリース期間が短くなります

 

また、程度によっては事故が起きた時から一切の費用を免除されます。

 

 

 

②動産総合保険では保守メンテナンスをしてもらえない!

 

幾度かコラムに書いてますし先ほどの書きましたが、リースの動産総合保険にはメンテナンスが付いているという認識の方が非常に多いです。

 

しかし、その動産総合保険の補償とメーカーや代理店が行う保守メンテナンスは全くの別物で、リース契約だけしてもメンテナンスは出来ません

 

複合機にはリース契約以外に保守契約というものをメーカーと結んで頂く必要があり、これを書いて保守メンテナンスが出来るのです。

 

この保守契約は別名カウンター保守契約というもので、カウンター料金をお支払いしていれば無料でメンテナンスを受ける事が出来ます。

 

 

 

③動産総合保険が付いているからと言ってリースが良い訳ではない

 

リース契約のメリットは動産総合保険以外にもいくつかありますが、デメリットももちろん存在します。

 

現金購入かリースどちらが良いの?と聞かれたら、お金があるなら現金購入の方が良いと答えますね。

 

結局のところ、何故動産総合保険の様なメリットだらけの保険が付いてくるのかというと、保険会社の儲けが出ているからなんです。

 

要するにそれだけ動産総合保険が適応されるケースが少ないんですね。

 

面白い話で東日本大震災が起こった後、生命保険のCMが流れなくなったという事がありましたが、保険会社も利益が出なければやる理由がありませんよね。

 

それであったら、50万円の複合機だと10万円ぐらいが料率(金利の様なもの)として持っていかれるので現金購入の方がお得なんです。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機のカウンター料金とは?【2020年の最新価格相場】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼