【カウンター料金=保守料金】複合機を現金購入しても保守は可能?

2019年12月09日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

目次

①複合機を現金購入すると保守メンテナンスが出来ない?
②何故、現金購入だと保守が出来ないと思われるの?
③プロからみて保守内容が一緒ならリースか現金購入どちらがおすすめ?

 

 

 

①複合機を現金購入すると保守メンテナンスが出来ない?

 

複合機のお問い合わせを頂く時に「現金購入する場合の保守メンテナンスはどうなりますか?」という質問を頂く事が多いですが、結論から言いまして現金購入だからと言って別途費用がかかったり保守が出来ないといった事にはなりません

 

複合機の保守料金はカウンター料金に紐づいていますので、カウンター料金さえきちんとお支払いしていれば保守は無料になるのです。

 

 

 

②何故、現金購入だと保守が出来ないと思われるの?

 

上記の様に複合機を現金購入する場合で、メンテナンス費用が別途かかると思っている人は「リースだと保証ある」という認識があるので、「現金購入=保証(保守)がない」と思われている人がほぼ全員です。

 

こちらは「複合機・コピー機のリース料金の相場は?」という記事で詳しく記載してありますので、一度見て頂ければと思います。

 

リースの保証というのはリース契約をすると自動で加入になる「動産総合保険」という保険に加入する事を言いますが、動産総合保険と保守メンテナンスは全くの別ものなのです。

 

リース(動産総合保険) 落雷や火災等で複合機が故障した場合に残りの残金の支払いをせずに済む
カウンター料金(保守メンテナンス) 経年劣化や自然劣化して故障した場合に無償で修理をする

 

上記の様な違いがありますが、複合機のトラブルの99.9%は下の経年劣化だと思います。

 

実際に10年間OA機器業界に携わってきておりますが、動産総合保険を使ったという人はリース会社の担当からの又聞き1件のみです。

 

 

 

③プロからみて保守内容が一緒ならリースか現金購入どちらがおすすめ?

 

100%現金購入です。ただ、現金を持ってればの話ですね。

 

リースだとリース会社の儲けの部分である金利が乗っかってきますので、総支払い額は約10%ほど増えますので単純に損です。

 

ただ、費用を分割に出来るというのは、経営者にとってもメリットですので全然有りな話ではあります。

 

物件の所有権がリース会社にあるのも固定資産税がかからないのでそれはそれでメリットだと思いますが、複合機が古くなったとか要らなくなった時の処分の仕方に制限がかかりますので、現金購入をし所有権を自社にした方が何かと都合は良いのです。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機・コピー機のカウンター料金の相場【2020年の最新価格】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼