複合機は保守契約なしにする事は出来る?おすすめはしないが可能

2021年01月02日

対応エリア 全国対応
メーカー 特別条件複合機 ※お問い合わせ下さい
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ0.6円以下 /フルカラー6円以下
メンテナンス保守料金 0円
初期費用(搬入や設定等) 0円

 

 


 


業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円以下で格安リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

複合機にはいくつかの保守体系がありますが、このコラムでは最も相談の多いカウンター保守の保守契約をなしにするというテーマについて書いていきます。

 

複合機の保守契約とは?

 

そもそも複合機の保守契約とは、カウンター料金をメーカーに支払う事により、故障やトラブルの時に駆け付け対応が無料というものです。

 

この保守には「トナーカートリッジ費用・訪問費用・部品費用」等が含まれております。

 

詳しくは「複合機のカウンター料金とは?相場はいくら?」をご覧ください。

 

 

 

複合機は保守契約なしにする事は出来るの?

 

結論から書きます。出来ます。

 

出来ますが保守を無くすことによるお客様のメリットが皆無なので、営業マンは「出来ません。」と言うでしょう。

 

実際に私もOA機器販売の会社で勤め人をしていた時は、「保守なしにする事が出来ないからお客さんにはそう言っとけ」と上司に言われてましたね。

 

保守費用もストックになるから、そりゃそうだわなと当初は思っていましたが、それは違っており、いくらお客自身で保守を外してもトラブルがあった際に普通に保守をしろ!と言ってくるからです。

 

業務用複合機は日本全国、即日の駆け付け対応が安心という方が検討するのであって、保守が要らないという要望自体、かなりのレアケースです。

 

 

 

保守がない事によるメリット・デメリット

 

ここでは保守が無い事のメリット・デメリットについて書いていきます。

 

 

『メリット』

メリットは一つも無いと言っても過言ではありません

 

しいて言うのであれば、全く印刷しなくても月々1000円ぐらいの基本料金(最低カウンター料金)がかかる事ぐらいです。

 

その1000円をケチるぐらいであったら、家庭用のレーザープリンターを使いまわす方がコスパが良いです。

 

1日1枚ぐらいは複合機を使うのであれば、保守無しはあり得ません。

 

 

『デメリット』

先ほどから書いている事ですが、正直デメリットしかありません。

 

まず、保守が都度有料の「スポット保守」の価格で見ますと、複合機の駆け付け対応は一回当たりの訪問費用が諸々含めて3万円~5万円ぐらいします。

 

月々1000円だとしたら約3年に1回の故障で、修理費用上回ってしまうのです。

 

ちなみに、カウンター方式の機種の保守を無くすという事はスポット保守はおろか、複合機そのものが使えなくなります。

 

弊社のユーザーさんにコニカミノルタの機種を入れている方が、会社が休眠するのでカウンター料金を止めたいという相談がありました。

 

状況は違いますが、これを見ている皆様もカウンター料金を止めたいという方が多いと思います。

 

メーカーにこの様な質問をして返ってきた答えがこうです。

 

担当A
担当A
カウンターを止める事は可能ですが、カウンター保守契約ではドラム等は貸している扱いになるので、全部回収しなければいけません。
また、再度カウンター保守を希望の場合は、別途設定費用が発生します。

と回答が来ました。

 

ドラムというのは、複合機の心臓の部分でこれがないと印刷ができません。

 

複合機はドラムが一番高いのですが、メーカー同士の価格競争によって、ドラム費用はカウンター料金で回収する傾向にあります。
カウンター料金が貰えなかったら赤字になるだけですから、メーカーとしてはドラムは持って帰りたいでしょう。

 

 

 

保守契約が要らないのならキット契約がおすすめ!

 

冒頭お伝えした通り、このコラムはカウンター方式の機種について書いています。

 

ユーザーとして一番ネックなのは「基本料金(最低カウンター料金)」です。

 

これがある事によって「無駄なお金が発生している!だから保守契約を解約したい!」になるのですね。

 

では、基本料金が無ければ良いのです。

 

そんな時におすすめなのが「キット方式(キット機)」と言われる機種です。
この機種はカウンター料金が無く、純正トナーを購入するとそれが保守費用となりメンテナンスを受けられます。

 

キット方式とも言われるトナー方式。 メーカーよりトナーのキットを購入します。 購入代金には保守料金が含まれており、トナーがある限り、保守を受けられる仕組みです。 トナーが切れてしまうと新たにトナーを購入する必要があります。
引用元:トナー方式(キット方式)とカウンター方式の違いとは?

 

 

なので基本料金といった費用は発生しません。

 

一枚当たりの印刷コストはカウンター料金の数倍しますが、あまりにも枚数が少ない方は検討してもいいかもしれません。

 

 

 

最後に|業務用複合機に保守契約は必須!

 

まとめとなりますが、業務用複合機=迅速な保守といっても過言ではありませんので、保守契約が最初から邪魔だと思ったら、家庭用のレーザー複合機かキット機で検討しましょう!

 

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼