東京23区で複合機を格安リース【めちゃ安い!】-株式会社じむや

2019年01月27日

特別条件複合機

 

 

 

 

東京23区を紹介!企業と人が集中する東京は非常にエネルギッシュな街です

東京23区は日本の中心ともいえるエリアですね。都心3区と呼ばれる千代田区・中央区・港区には行政機関や企業本社などが、3大副都心となっている新宿・渋谷・池袋といったエリアには数多くの商業施設が集まっています。

 

その他「足立区」「荒川区」「板橋区」「江戸川区」「大田区」「葛飾区」「北区」「江東区」「品川区」「杉並区」「墨田区」「世田谷区」「台東区」「豊島区」「中野区」「練馬区」「文京区」「目黒区」をまとめて東京23区と言われております。

 

とくに商業施設の数は全国各地の主要都市と比較しても群を抜いており、大型店舗が1,500以上、小売店舗は75,000以上、飲食店数にいたっては67,000以上もあるそうです。

 

年度によっても変わりますが、国内の名目GDPに東京都が占める割合はだいたい18%~19%ほど。この数値は国際的に見ても極めて大きく、世界各国のGDPと比較しても上位グループにランクインする規模です。これだけ見てもいかに東京が大きな街なのかということがよくわかりますね。

 

東京23区内の人口はおよそ9,555,919人です。面積は626.70km2、人口密度は15,245人/km²となっています。なかでもとくに注目すべきデータが人口密度です。

 

日本人の10人に1人は東京に住んでいるといわれるように、この数値はほかの自治体と比べてもダントツの1位を記録する高さとなっています。これはほかの都道府県の平均と比較すると約18倍にもなるそうですよ。

 

東京から様々なサービスや製品が生み出されるのには官庁・企業・研究機関などが集中していると言う要因も大きいのですが、何と言ってもこの圧倒的なマンパワーが経済をけん引する要因となっていると言えそうですね。

 

東京23区は公共交通機関も充実しており、都内の私鉄各社を合計すると14路線も運行されています。その一方で23区内には道幅の広いところと極端に狭いところが入り乱れて存在しており、人口の多さもあって慢性的な道路渋滞が続いていますね。

 

一般的に23区内は便利で、どこに行くにも苦労しないと言われています。確かにそれは間違いではありませんが、それでも路線や各駅により利便性の差があるのも事実です。

 

場所によっては駅から遠くバスやタクシーを使わないと行けない所もあります。時間帯に関わらず道路も常に混んでいるので、意外なことに地方よりも東京で営業するときの方が、移動に苦労したりすることがありますね。

 

東京23区内で営業をする場合は、移動で思った以上に苦労することもあるといった点は押さえておきたいところです。

 

 

 

東京は料金よりもサービス重視!機種は業務用から家庭用まで幅広い需要あり!

東京23区内には大企業・中小零細企業・ベンチャー企業など、あらゆる形態の企業が集まっています。そういったこともあり、23区内の複合機事情はかなり複雑ですね。

 

たとえば大手企業の場合は有名企業の最新モデルを希望するところが多いといった印象がある一方で、中小零細企業やベンチャー企業ではリース・中古品・家庭用複合機の需要が高いといった感覚もあります。

 

入れ替え需要も旺盛なので、さまざまな製品を勧めやすいエリアですね。東京23区内で営業する場合の注意点は時間です。よほど忙しいのか、のんびりと腰を据えて話を勧めようとすると、嫌がられることも少なくありません。

 

そのためあらかじめ営業先の業態は調べて置き、希望するであろう機種のカタログや見積もりは用意して持っていくべきです。可能な限りスマートでわかりやすい営業をすることが東京23区内では喜ばれる傾向にあります。

 

クリエイティブ関連の業種も多い東京23区内ではやや特殊な複合機が求められることがあります。使用方法なども詳しく尋ねられることがあるので、東京で営業をする場合は機種の特徴をよく把握しておくことが大切です。

 

また、最近の複合機はちょっとしたことでは故障しなくなってきましたが、やはり不具合が出ることもあります。こういったトラブルにどれだけ早く対応できるかが東京では大切です。

 

カウンター料金や機種の性能より、アフターサービスの質を重視する企業も多いので、どういったサービスが可能なのかはしっかりと説明するようにしましょう。

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼