【京セラの複合機】TASKalfa 8052ciの評判・特徴・口コミ

2019年10月27日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

目次

①TASKalfa 8052ci」は大量印刷が可能な高機能モデル
②「TASKalfa 8052ci」の評判は?
③「TASKalfa 8052ci」の口コミを大公開

 

 

 

①TASKalfa 8052ci」は大量印刷が可能な高機能モデル

 

「TASKalfa 8052ci」は、京セラの複合機でもとくに機能性に優れたモデルです。

 

このモデルは、ボリュームの多いドキュメントワークにも対応できる機能を備えているのが大きな特徴になっています。

 

ペーパーフィーダーやマルチステープルユニットといった、大量印刷に役立つオプションサービスも用意されています。

 

3つのネットワークで通信ができることから、ドキュメントを管理するときのコントロールステーションとしても役立つ複合機です。

 

EvernoteやGoogleドライブと連携したり、FAXの受信とデータの送信を同時におこなったりできるところは、「TASKalfa 8052ci」の便利な点です。

 

このモデルには、2つのポートがあります。オプションサービスであるFAX System12のキットを利用すれば、異なる部署で2つの回線をもつことも可能です。

 

スキャンしたデータは、PDFや暗号化した高圧縮PDF、XPSなどのさまざまな形式でUSBメモリに保存ができます。

 

また、有料のオプションサービスTEACHING ASSISTANTを使うと、パソコンを使わずにマークシートの作成ができるのが「TASKalfa 8052ci」の優れている点です。

 

タッチパネルで操作をするだけで、マークシートの作成から採点、分析までおこなえます。

 

「TASKalfa 8052ci」の機器本体は、幅が685ミリ、奥行が705ミリ、高さが1234ミリです。

 

連続複写は、1枚から9,999枚まで対応ができます。

 

ちなみに、コピーするときのスピードは用紙のサイズで多少変わります。

 

例えば、A4ヨコとB5ヨコは、1分間に約80枚のモノクロコピーが可能です。

 

また、同サイズのカラーコピーは、1分間に約70枚ほど出力ができます。

 

このように、スピーディーにたくさんのドキュメントが作成できる点も、「TASKalfa 8052ci」のメリットです。ファーストコピーの速度は、モノクロが4.8秒以下、カラーが5.9秒以下となっています。

 

このモデルは、普通紙や再生紙、ラベル紙、バナー紙といったいろいろな紙に対応しています。

 

コピーやプリントはA6タテからA3まで、FAXはA5からA3の用紙が使えるため、幅広い用途に活用できるでしょう。

 

ウォームアップタイムは44秒以下で、電源を入れてから速やかに使えるのも魅力と言えます。

 

オフィス仕様の「TASKalfa 8052ci」には、コストカットに役立つ機能も搭載されています。

 

例えば、使用する色を選んでコピーができる2色コピーや、スキャンやコピーの際に白紙を自動的に飛ばしてくれる機能などは、コストを減らしたい企業にとっても役立つかもしれません。

 

インターネット回線でFAXが送信できる点も、チェックしておきたいポイントです。

 

NFCリーダーが機器に完備されているため、モバイル端末との連携もスムーズにできます。

 

操作画面のカラータッチパネルは、探しているアイコンが見つけやすい視認性に優れたデザインです。

 

このモデルは、テンキーがスマホのように画面上に表示されます。

 

タッチパネルは角度の調整が可能で、使う人の身長や姿勢に合わせてカスタマイズが可能です。
1200dpiの高画質なプリントができることから、画像入りの資料もキレイに仕上がります。

 

 

 

②「TASKalfa 8052ci」の評判は?

 

「TASKalfa 8052ci」は、使いやすさやコストパフォーマンスに優れている点などが好評を得ているモデルです。

 

ほかの京セラのモデルと同様に、「タッチパネルの画面が見やすい」や「使いやすい機能がそろっている」、「印刷物の仕上がりがキレイ」などの口コミが見られます。

 

複合機にありがちな紙詰まりなどのトラブルはたまに発生することがあるようですが、機能面の問題を指摘している口コミは少ないです。大量印刷に対応した複合機としては、標準的な評価を受けているようです。

 

 

 

③「TASKalfa 8052ci」の口コミを大公開

 

「TASKalfa 8052ci」は、資料作成を楽にしてくれるいろいろな機能が備わっています。

 

私の会社では、一度に大量の文書を資料にまとめ、顧客に発送する作業を定期的におこなっています。

 

「TASKalfa 8052ci」は、文書の出力や仕分けはもちろん、ホチキス止めまで1台でできるので、便利です。

 

このモデルの場合、文書の3つ折りも自動的にしてくれます。

 

煩雑だったダイレクトメールの発送作業も、導入後はグンと楽になりました。希望するオプションサービスを選んで、機器をカスタマイズできる点も気に入っています。

 

セキュリティ機能が充実しているところも、「TASKalfa 8052ci」のメリットだと思います。

 

導入する前は、USBメモリなどでの情報流出が心配でした。私の会社の場合、アルバイトやパートなどのいろいろなスタッフが複合機を利用しています。

 

USBの使用禁止設定ができるようになったことで、個人情報などが流出する心配が大幅に減りました。

 

ICカード認証のオプションサービスと合わせて利用すれば、セキュリティの点でも一定の対策が講じられると思います。

 

暗号化PDFにしてデータが保存できることや、文書ボックスへのアクセスをパスワードで制限できる点も安心感があります。

 

タッチパネルは見やすいデザインで、スマホを扱い慣れている人であれば問題なく操作できる仕様です。

 

操作方法をアニメーションで確認できる機能などは、私もしばしば利用しています。用紙を入れておくカセットも楽に引き出せるので、助かっています。

 

 

キャノンの機種

・【現行機種】iR-ADVC3720Fの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】iR-ADV C356F IIIの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】iR-ADV C3330F-RGの評判・特徴・口コミ

・【販売終了】iR-ADVC3530FⅢ/3520FⅢの評判・特徴・口コミ

・【販売終了】iR-ADV C3320Fの評判・特徴・口コミ

京セラの機種

・【現行機種】TASKalfa2553ciの特徴・評判・口コミ

・【現行機種】TASKalfa 3253ciの特徴・評判・口コミは?

・【現行機種】TASKalfa 4053ciの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】TASKalfa 5053ciの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】TASKalfa 8052ciの評判・特徴・口コミ

ゼロックスの機種

・【現行機種】DocuCentreVI C2264の評判・特徴・口コミ

・【現行機種】DocuCentre-VII C2273PFSの評判・口コミ

・【現行機種】DocuCentre C2000の評判・特徴・口コミ

・【販売終了】DocuCentre SC2021の評判・特徴・口コミ

コニカミノルタの機種

・【現行機種】bizhub C227の評判・特徴・口コミ

・【現行機種】bizhubC250iの評判・特徴・口コミ

・【販売終了】bizhub C258の評判・特徴・口コミ

リコーの機種

・【現行機種】RICOH IM C2500の特徴・評判・口コミ

東芝の機種

・【現行機種】e-STUDIO2515ACの特徴・評判・口コミ

・【販売終了】e-STUDIO2000AC/2505ACの特徴・評判・口コミ

シャープの機種

・【現行機種】MX-3631/MX-2631の特徴・評判・口コミ

>>コラム一覧

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼