【シャープの複合機】MX-3631/MX-2631の特徴・評判・口コミは?

2019年11月24日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

目次

①シャープ製複合機、MX-3631/MX-2631の特徴とは?
②中小企業向けの中堅機!便利機能が搭載されたシャープらしいモデル
③MX-3631/MX-2631シリーズの口コミ評価を紹介

 

 

 

①シャープ製複合機、MX-3631/MX-2631の特徴とは?

 

MX-2631/MX-3631の複合機の評価
本体価格(性能との費用対効果) ★★★☆☆
カウンター料 ★★★☆☆
耐久性 ★★★☆☆
メンテの速さ ★★★☆☆
色写り ★★☆☆☆
デザイン(個人的) ★★★☆☆
シャープの複合機のブランド力 ★★☆☆☆
総合 ★19

 

発売日 2018年11月15日 本体価格 MX-2631/1,250,000円MX-3631/1,725,000円
コピー  標準装備 プリンター 標準装備
スキャナー  標準装備 FAX 標準装備
給紙カセット 1段のみ標準装備
(+3段の場合、3段給紙デスク 300,000円が必要)
自動両面送り装置 標準装備
印刷速度 MX-2631 26枚/分
MX-3631 36枚/分
ファーストコピー モノクロ 5.2秒
カラー 6.9秒
ウォームアップタイム 20秒 リカバリータイム
HDD容量 500GB 最大用紙サイズ SRA3/A3ワイド
最大解像度 【書き込み】
9600dpi相当×600dpi
【読み取り】
600dpi×600dpi
寸法(手差し含まず) 幅608mm
奥行650mm
高さ1,178mm

 

 

MX-3631とMX-2631の基本スペックはほぼ共通しています。異なる部分は後から紹介することにして、まずはMX-3631の基本スペックからチェックしましょう。

 

MX-3631の最大原稿サイズはA3(SRA3やA3ワイドの複写も可能)です。

 

カラー・モノクロ印刷が可能となっており、印刷速度はどちらも最大で36枚/分となっています。

 

プリント・コピー・FAX・スキャンのほか両面印刷も可能です。読込解像度は600dpi×600dpi。書込解像度は600dpi×600dpiとなっていますね。HDD容量は500GB、メモリ・RAMは5GBを搭載。ウォームアップタイムは20秒で、ファーストコピーはモノクロが4.7秒、カラーが6.7秒となっています。

 

フィニッシャーの搭載も可能ですが、こちらはオプション設定です。Macからでも使えますが、こちらも接続できない場合があるので事前にサービスマンへの確認が必要となっています。

 

MX-2631の基本スペックもほとんどMX-3631と共通しています。

 

両機種の違いはMX-3631の印刷速度が最大36枚/分なのに対してMX-2631は26枚/分となっているぐらいでしょうか。

 

あとはアイドリング時や作動時の騒音値にわずかな違いがある程度です。

 

サイズは両機種とも幅608x奥行650x高さ834mm、機械占有寸法が幅1,003×奥行650mm(手差しトレイ伸長時)、重量は約82kgとなっています。価格はMX-3631が1,725,000円(税別)、MX-2631が1,250,000円(税別)です。

 

どちらの機種を選ぶかは1日の印刷枚数などを基準に判断するとよいでしょう。

 

 

 

②中小企業向けの中堅機!便利機能が搭載されたシャープらしいモデル

 

MX-3631/MX-2631シリーズはシャープ製複合機の中堅機といった位置づけです。

 

印刷枚数がそれほど多くない中小企業向けのモデルと考えてよいでしょう。

 

好みもあるでしょうがデザインはなかなか洗練されています。

 

これまで不評だったタッチパネルサイズもワイドに改善されており、操作性や視認性も向上しています。

 

タッチパネルの表示項目はユーザーごとにカスタマイズすることも可能です。

 

使用状況や用紙切れなどはLEDランプで確認できるなど、MX-3631/MX-2631シリーズにはシャープらしいユーザーライクな便利機能がたくさん搭載されていますね。

 

 

 

③MX-3631/MX-2631シリーズの口コミ評価を紹介

 

MX-3631/MX-2631シリーズの評判は総合的に見ると可もなく不可もなくといったところでしょうか。

 

機能と本体価格を考えればコストパフォーマンスが非常に高い点は口コミなどでも評判です。

 

複合機の世界においてシャープはまだまだ新興勢力といった位置づけなのですが、それでも業界4位前後のシェアを誇っているのは、ほどほどの性能を持つ複合機を低価格で導入したいという、エンドユーザーのニーズにマッチした製品をリリースしているからといってよいでしょう。

 

このMX-3631/MX-2631シリーズもまさにそういったライトユーザー層を狙った製品です。業務で複合機を利用する頻度が少なく、コピーやプリントアウトといった基本性能さえあればよいといった事業者であれば導入を検討してもよいのではないでしょうか。

 

コストパフォーマンスに優れるMX-3631/MX-2631シリーズではありますが、画質を求めるユーザーからの評判はイマイチです。

 

とくに写真やイラストの解像度は他メーカーに比べて低いと言わざるを得ず、フォントのエッジもシャープさに欠けています。

 

こういったデメリットがあるため建築やクリエイティブ関連の業種でMX-3631/MX-2631シリーズを導入しているといった企業はあまりないでしょう。

 

また、最近は複合機の耐久性が大幅に向上したため、それほど心配する必要はありませんが、かつてシャープ製の複合機といえば故障頻度が高いことで知られていました。

 

シャープ製複合機は保守点検サービスが充実していることで有名ですが、そこにはそれだけトラブルも多かったという事情もあるのです。

 

新品を購入する場合やリースであれば問題ありませんが、MX-3631/MX-2631シリーズを中古で購入する場合は、こういった耐久性やメンテナンスについてもよく検討するようにしましょう。

 

 

キャノンの機種

・【現行機種】iR-ADVC3530FⅢ/3520FⅢの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】iR-ADV C356F IIIの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】iR-ADV C3330F-RGの評判・特徴・口コミ

・【販売終了】iR-ADV C3320Fの評判・特徴・口コミ

京セラの機種

・【現行機種】TASKalfa2553ciの特徴・評判・口コミ

・【現行機種】TASKalfa 3253ciの特徴・評判・口コミは?

・【現行機種】TASKalfa 4053ciの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】TASKalfa 5053ciの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】TASKalfa 8052ciの評判・特徴・口コミ

ゼロックスの機種

・【現行機種】DocuCentreVI C2264の評判・特徴・口コミ

・【現行機種】DocuCentre-VII C2273PFSの評判・口コミ

・【現行機種】DocuCentre C2000の評判・特徴・口コミ

・【販売終了】DocuCentre SC2021の評判・特徴・口コミ

コニカミノルタの機種

・【現行機種】bizhub C227の評判・特徴・口コミ

・【現行機種】bizhubC250iの評判・特徴・口コミ

・【販売終了】bizhub C258の評判・特徴・口コミ

リコーの機種

・【現行機種】RICOH IM C2500の特徴・評判・口コミ

東芝の機種

・【現行機種】e-STUDIO2515ACの特徴・評判・口コミ

・【販売終了】e-STUDIO2000AC/2505ACの特徴・評判・口コミ

シャープの機種

・【現行機種】MX-3631/MX-2631の特徴・評判・口コミ

>>コラム一覧

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼