株式会社じむや|京都市でコピー機複合機を格安リース販売

2019年10月17日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

キャノン iR-ADV C3520FⅢ
対応エリア 全国対応
メーカー キャノン
リース料金 月額 7,200円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 激安カウンターでご提供!
カラー 激安カウンターでご提供!
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 

 

 

①京都市の特徴

京都市は京都盆地に位置します。

 

盆地の北西部から桂川が、北東部からは鴨川が流れているのが特徴です。

 

京都市は乾燥して降水量の少ない瀬戸内海式気候と、気温の変化は大きい内陸性気候の2つを合わせた気候となっています。

 

1年を通じて雨が降ることが少なく、昼間と夜の寒暖差が大きいです。

 

ヒートアイランド現象が見られるため、夏は蒸し暑さを感じ熱帯夜となることも多々あります。

 

冬に雪が降ることは、めったにありません。盆地特有の夏は暑く冬は寒いという気候のため、四季の移り変わりを感じられるのが魅力です。

 

京都市は11の区から構成されています。

 

北区・上京区・左京区・中京区・東山区・山科区、そのほかに下京区・南区・右京区・西京区・伏見区の11区です。

 

北区は氏の区の中で3番目に大きく、上賀茂神社や金閣寺などの世界文化遺産があり観光客も多く訪れています。

 

上京区は区の中で2番目に小さく、寺院などをゆっくりと散策するのに最適です。

 

左京区は8割が山林であり、緑が多く自然が広がっています。京都市のほぼ中央に位置する中京区は、世界文化遺産に登録された二条城が有名です。

 

東山区には清水寺や東福寺などの寺院があります。山科区は清水焼や京扇子といった伝統産業が盛んな区です。

 

下京区は交通の要としての役割があり、京都の現雁木地としても知られています。

 

南区は農業に適した気候に恵まれ、九条ネギなどの名産地です。右京区は区の中で最も大きく人口も20万人以上います。

 

また東映太秦映画村もあり映画産業も盛んに行われています。

 

西京区には大学や研究施設が多いのが特徴です。伏見区には桂川・鴨川・宇治川の3つの川があり、水の豊かな土地となっています。

 

このように京都市は区によって、それぞれ特徴があり、自然が豊かで観光地としても見所が多く有名です。

 

京都市は姉妹都市も多く、パリ・ボストン・ケルン・フィレンツェ・キエフ・中国西安市・グアダラハラ・ザグレブ・プラハなどと姉妹都市関係を結んでいます。

 

姉妹都市提携をすることによって両国間の文化交流が円滑になるため、展覧会などの公演が多数開催されています。

 

京都市は日本の歴史を感じることができる土地であり、同時に姉妹都市による国際交流も盛んに行われているのがポイントです。

 

海外からの観光客も多いため、グローバルな発展も期待されています。

 

世界的な観光地として注目の集まる京都市は有名な神社仏閣が多数あり、中でも稲荷神社の総本山である伏見稲荷神社は国内外からの人気が高いです。

 

伏見稲荷神社の見所は、赤い鳥居が1000本も立ち並ぶ「千本鳥居」です。

 

そのほかにも金閣寺や銀閣寺、清水寺、三十三間堂といった京都でも指折りの観光スポットの多くが京都市に集中しているため、観光客も京都市に集中することが多いです。

 

京都市は碁盤の目のような道路と街並みであり、それが昔のまま残されています。

 

歴史のある景観を保護するため、道路の拡張などが難しく交通の便がよくないのが難点です。

 

しかしバスが市内を網羅し観光客の足として使用されています。観光客の多くがバスを活用するため「京都観光一日乗車券」といったサービスなども提供されています。

 

京都市は観光地であり伝統産業や文化の盛んな土地です。

 

加えて京都マラソンなどのスポーツなどの取り組みや国際的な活動も行われているのが特徴になります。一年を通じて訪れる人が多く、常に賑わっているエリアです。

 

 

 

②京都市の複合機事情

京都市のビジネスには「ニッチ指向」という特徴があります。

 

京都市においてのニッチ指向とは、限られた特定のジャンルの中でトップを目指し、そのジャンルにおいて優位に立つことを目指すことです。

 

高い技術や品質を生み出すことによって、ほかの企業が追いつけないほどの市場領域を生み出します。

 

トップの企業が強く長く君臨しているため、同じ市場への競合参入を避ける傾向があります。

 

土地柄的にも距離感が近くなりすぎることを避ける性質があるため、同じジャンルでほかの企業と競い合うことを嫌う様子があるのもポイントです。

 

適切な距離を保ち、他社のジャンルに踏み入らないことが京都市の企業には経営上の美学として根付いている部分があります。

 

コミュニティーや調和を重んじる市民性がビジネスの面でも現れているのです。

 

京都市の人付き合いを表す言葉に「一見さんお断り」というものがあります。

 

これは店に関わりのない初めての方の入店を断るという意味です。

 

これを常連だけ受け入れる店や格式の高い店ならではの風習だと勘違いしている人も多いですが、真意は違います。一見さんお断りの場合、紹介者がなければ入店を断られることがありますが、これは信頼関係をしっかりと築きたいからなのです。

 

もともと花街のお茶屋から生まれた言葉で、花街のお茶屋では昔からお客の料金をお茶屋が全てたて替えるシステムになっています。

 

そのため素性のわからない信頼関係のない初めてのお客を断るのです。

 

この一見さんお断りという言葉には、顧客との信頼関係を大切にするという気持ちが込められています。

 

その証拠に初対面の時には、なかなか仕事の話をさせてもらえなかったりビジネスが難航するという話を聞きますが、一度信頼をえると長い付き合いになり頼もしい存在になることも多いです。

 

複合機などを新しく導入する際にも、今までの取引がある企業を優先させる傾向があります。

 

京都市は長く経営を行っている企業が多いため、複合機はリースを利用するというケースが多いです。

 

やはり長年使用すると複合機は消耗してしまいますので、その度に新規購入するよりもリースの方が経済的だと考える企業が多くなります。

 

5年や6年といったリース期間が終わる頃には新しい性能を持つ新商品が開発されているので、コンスタントに高性能の複合機を使用できる店にもメリットを感じているようです。

 

一度、複合機のリース契約を行うと、問題がない限り、その業者から乗り換えることは少ないので、リース業者との付き合いが長くなるという特徴もあります。

 

老舗の企業が多い京都市ではモノクロの複合機を使い続ける場合も見受けられるため、モノクロ複合機にもニーズがあるのが特徴です。

 

カラーの複合機を使用する企業が全国的に増えていますが、京都市ではモノクロの複合機を使い続けたいと希望する企業もあります。

 

今までの仕事のやり方を大きく変えることに抵抗がある企業が多いです。

 

カラーの複合機を新しく導入する際にも、モノクロの複合機のリースをそのまま継続するというパターンもよく見られます。

 

伝統を重んじることを良しとする土地柄ならではの特色です。

 

自社で大量の印刷を行う企業も、カラーの複合機よりも印刷スピードの速いモノクロの複合機を好みます。

 

そのため大量の書類はモノクロ複合機で行い、グラフや写真などでカラーの印刷が必要な場合にはカラー複合機を使用するなど2台を使い分ける企業もあります。

 

カラー複合機一台で今までの業務をまかなうよりも、カラーとモノクロの複合機の2つを揃えることで効率を向上させることが最適だという見解です。

 

複合機にはリース以外にも購入するという方法もありますが、メンテナンスを定期的に行うことを考慮するとリースの方がランニングコストをおさえることにつながります。

 

また複合機を2台持ちすることで、万が一複合機に故障などのトラブルが発生したとしても、もう片方で印刷を行うことが可能です。

 

このような利便性の高さから京都市では、モノクロとカラーの複合機の両方をリースする企業が多く見られます。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機・コピー機のカウンター料金の相場【2020年の最新価格】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼