株式会社じむや|大阪で複合機を格安リース販売【ごっつ安い!】

2020年03月17日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

キャノン iR-ADV C3520FⅢ
対応エリア 全国対応
メーカー キャノン
リース料金 月額 7,200円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 激安カウンターでご提供!
カラー 激安カウンターでご提供!
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 

 

①大阪市の特徴

大阪市は大阪府の府庁所在地・政令指定都市であり、東京、名古屋に並ぶ日本三大都市の一つです。

 

水の都としても知られ、様々な文化や芸術などが集まり多くの人で賑わう街です。

 

近畿地方のみならず、西日本の経済や文化の中心となっています。大阪市の推定人口は、2020年5月時点では約275万人となっており、神奈川県横浜市に次いで全国第2位です。

 

全国的に人口の減少が続いている中、大阪市は2017年、2018年には全国2位の人口増加となっています。

 

近年では医療や福祉などの利便性を求めて都心回帰傾向にあり、徐々に人が集まってきています。

 

市外からも多くの人が通勤・通学するため、昼間人口は約354万人にのぼります。

 

夜間人口は横浜市の次に多い全国第2位となっており、昼間から夜間にかけて1日中多くの人が生活している街です。

 

大阪市内の従業者数や事業者数、上場企業本社数は、国内第2位です。

 

375社以上の上場企業が大阪市に本社を置いています。

 

しかし、大企業だけでなく、中小企業も多いのが大阪市の特徴です。

 

地下鉄御堂筋線沿いを中心に、企業がオフィスを構えています。特に梅田、本町、淀屋橋エリアは、日本の中でもかなり大きめなビジネス街です。

 

大阪市最大の街である梅田には、大企業のオフィスや大型複合施設が集まっており、平日・週末問わず常に人が多いエリアです。大型の複合再開発も行われており、さらに需要が高まっていくでしょう。

 

商いの街・大阪では、古くから卸売業や小売業が生活を支えてきました。

 

卸・小売業の年間商品販売額は全国第2位となっており、大阪経済の発展に貢献しています。

 

また、高度なものづくりの技術を持つ企業が多いのも、大阪市の特徴の一つです。

 

特に大阪市では、木材、パルプ・紙加工品、化学工業、石油・石炭製品などの基礎素材を製造する基礎素材型産業が大きな割合を占めています。

 

また、医薬品関連産業や医療機器産業の企業も多く、医薬品関連産業のシェアや医薬品生産高は全国でもトップクラスに入ります。

 

大阪市の小学校数は約300校、中学校数は約150校、高等学校は約100校あり、横浜市の次に学校が多い街です。大阪市は教育環境が整っているため、数多くの家族世帯が生活拠点にしています。

 

大阪市の小学校では、いくつかの取り組みが実施されています。

 

児童いきいき放課後事業は、子ども達の放課後の遊びの空間と時間を使って、遊びの伝承などにより子どもを育む取り組みです。

 

教育関連の取り組みが充実していることも、人口の増加に繋がっているのでしょう。

 

大学に関しては、大阪市内には大きなキャンパスが少ない傾向にあります。大阪市は都心部で土地が狭い上、工場等制限法が決められていることも関係しているからです。

 

大阪市にキャンパスを持っている主な大学は、大阪教育大学、大阪市立大学、関西大学などです。

 

また、大阪市は交通機関が非常に発達しています。電車の場合、1日平均乗降人数が10万以上を超える駅が多く、新幹線が通っている大阪駅や大阪梅田駅、難波駅が街の中心となっています。

 

梅田駅の利用者数は1日あたり約240万人で、東京都の新宿・渋谷・池袋に次いで世界第4位です。

 

バス路線も発達しており、市内を走るバスの他、東京都や西日本の主要都市を結ぶ高速路線バスや観光用のツアーバスなどが数多く運行されています。

 

バスの運賃に関しては、一律で決められているバスがほとんどです。運賃の支払いは、バスを降りる時に支払う制度になっています。

 

大阪市には日本の主要国際貿易港の一つである大阪港もあります。

 

神戸港と共に、スーパー中枢港湾に指定されている港です。日本最大のフェリーターミナルであり、クルーズ客船などが数多く利用する港で、国際コンテナ拠点としても有名です。

 

大阪市は古い歴史と文化を持つ街でもあります。大阪市の指定文化財は合計250件です。

 

有形文化財は202件、無形文化財は2件、民俗文化財は34件、記念物・史跡・名勝は12件、指定されています。

 

全国平均と比較すると、指定文化財の数は少ないです。

 

しかし、大阪にも重要な文化財がたくさんあります。大正2年に竣工された本町橋や屋根上の時計塔がシンボルの大阪市立工芸高等学校本館など、大阪の歴史と文化を感じさせる文化財が大切に保存されています。

 

また、国内・海外からの観光客も増加しています。

 

大阪府全体を見ると、2019年度の大阪府への外国人観光客数は1,230万人以上となっており、年々右肩上がりです。

 

大阪市には観光地が集中しており、道頓堀、大阪城、通天閣などの観光スポットが人気です。また、ユニバーサルジャパンは国内外問わず観光客に人気が高いテーマパークです。

 

 

 

②大阪市・堺市の複合機事情

大阪の人は値段にシビアなので、まずは価格の安い商品や中古品を利用してみるという傾向が強いです。

 

むやみに高い商品を検討するのではなく、費用対効果が良いものや機能性が少し低くても安く手に入れられるものを選ぶ人が多いようです。

 

それぞれに合った提案をしてもらえれば、顧客のことを第一に考えてくれていると実感できるでしょう。

 

導入した複合機を気に入り、価値のある商品と認めた場合、良い商品を安く買えたことを周りに宣伝してくれる人が多い傾向にあります。

 

大阪人のほとんどは、明るく話し上手です。営業トークより信頼性のある口コミを広めてくれるでしょう。

 

大阪市は、従業者数、事業者数、上場企業本社数が国内第2位の規模です。

 

企業数からみても複合機を利用する企業が多いことが予想されます。

 

他の地方都市に比べると、圧倒的に複合機の営業チャンスが多いはずです。

 

しかし営業チャンスが多い反面、ライバルも多く競争が厳しい土地柄でもあります。

 

そのため、一度契約できた会社でも安心することなく、常に囲い込みを意識した営業が行われます。大阪には情に厚い人が多いですよね。

 

そのため、機能やサービス内容の他に、営業マンとの関係性が契約に大きく関わってくるでしょう。

 

大阪には地域に密着した企業が多く、一度信頼してもらえれば他のお客さまを紹介してもらえるという利点もあります。お客さまから信頼を得るために、購入後のアフターケアが充実しているところが多いでしょう。

 

顧客と業者間で中長期的に良い関係性を築くことは、契約する上で非常に大切になります。

 

また、注意したい点は、大阪の人は思ったことをすぐ口にする人が多いということです。

 

ちょっとした会話がトラブルに発展し、契約の打ち切りに繋がってしまう可能性もあるでしょう。

 

地域に特化した中小企業の場合、家庭用の複合機を利用している会社があります。

 

これは、出来る限りコストを抑えたいという大阪人の気質が関係しているのでしょう。

 

確かに家庭用複合機でも十分使用できますが、業務用複合機にも利点があります。

 

省エネ性能がついていたり業務効率の向上が見込める機器など、会社が持つ課題に合った機械を見つけられます。

 

例えば、手持ちのスマホやタブレットから無線LANを経由して複合機と接続し、プリントやスキャンができるタイプがあります。こうした機能を使うことで生産性を高めることができます。

 

また、複合機は購入の他に、リース契約も可能です。

 

リースの場合は契約年数で費用が異なりますが、業者によっては大幅にコストを削減することが期待できます。

 

アフターサービスを無料で利用できる業者を選べば、格安で複合機を利用できるでしょう。

 

あらゆるコストを削減したいと考える大阪の人なら、自分の会社に合った複合機を選ぶことをおすすめします。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機・コピー機のカウンター料金の相場【2020年の最新価格】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼