豊中市・箕面市で複合機を格安リース販売|株式会社じむや

2019年01月17日

特別条件複合機

 

 

 

 

豊中市・箕面市の特徴

豊中市と箕面市の特徴といえば、大阪のベッドタウンです。

 

大阪の中心地梅田まで阪急電鉄1本で行けて大変利便性が良いので、古くから住宅開発が盛んなところです。大阪府の中でも北大阪地区は比較的治安が良く、また経済的にも裕福な層の人たちが住んでいるエリアも少なくなく、一般的にイメージされる大阪とは程遠い雰囲気です。

 

マイホームを買うなら北大阪というくらい関西でも人気のある地域なので、今後も人が増えていくことが予想されます。

 

古くから交通の要所として栄えてきたこの地区は、人の出入りも盛んです。市民の足である阪急線が南北に走り、沿線を中心に開けてきました。

 

また玄関口である大阪国際空港の一部は豊中市にかかり、阪急線の蛍池駅からすぐ近くにあり、国内屈指の大都市に最も近い空港として存在感を示しています。

 

さらに日本でもトップクラスの国立大学、大阪大学のキャンパスも近いため、各地方から若い人たちが集まってくるため学生街としてのテイストを持つ地区もあります。

 

一方、阪急線を南下し大阪市に近づいてくると下町の色合いが強くなってきます。

 

豊中市、箕面市ともに、阪急沿線の中心部は都市機能もある一方で、自然環境にも恵まれています。

 

豊中市内に位置する服部緑地公園は広大な面積を持つ都市型の緑化公園で、遊歩道のさんぽコースが整備され、園内の池では時期によって釣り堀を楽しんだり、さらに定期的にイベントも開催されています。

 

一方、箕面市は市街地を出ると山が近くに迫っており、温泉もあります。さらに隣接する地域には万博記念公園もあり、休日にはアクティブに遊ぶ家族連れや若い人たちでにぎやかです。

 

 

 

豊中市・箕面市の複合機事情

豊中市も箕面市も、全体的に他県からの移住者が多くまた人口の平均年齢も若いので、新しいものやサービスなどには比較的寛容な姿勢を見せています。

 

また都会人によく見られる合理主義の考え方をする傾向も強いので、複合機のリース契約導入についても前向きに検討してくれるような土地柄でしょう。

 

その点を考えると、商売の街の色合いが濃くなる大阪市内で古くから起業してきた中小企業にアプローチするよりは、いくぶん容易な部分もあります。

 

市内全域を見渡してみると企業の規模は中小や零細が多く、また土地もそれほど大きくないのでビルを借りるなど小さなオフィスを構えている傾向があります。

 

場所によっては複合機そのものを設置するのも難しい部分もあります。しかし大阪府内が全体的に、今だ景気を回復した感が実感できないため、新たに起業してみたものの資金が限られているところがほとんどです。

 

そんな時、中古品を購入するかリースにするかで悩む経営者も少なくありません。

 

 

 

複合機のリース契約のメリットとは

複合機をリース契約する場合のメリットは、金額の面、そしてプロによる小まめなメンテナンスが受けられる点にあります。

 

起業してオフィスを構え、いざ複合機を導入するとなった場合、多くの経営者が検討するのが中古品の購入またはリースによるレンタルです。

 

中古品を買う利点は、機種や状態によってはリースよりも安くできる場合があり、面倒な契約手続きなどがない点です。

 

しかしその分メンテナンスを自分たちで行う必要が生じたり、さらに購入した製品があまりに古いものであったりするとアフターサービスができないなど、大きな負担になります。

 

その点リース契約では新しい機種のものを使うことができて、なおかつリース会社のエンジニアによる定期的なアフターフォローがあります。

 

これなら面倒なメンテナンス作業をする手間と時間も省け、結果的には経費の節減にもつながります。長い目で見た場合のコストパフォーマンスを中古機種購入の場合と比較しながら、検討してみましょう。

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼