インクやトナーに「マゼンタ・シアン・イエロー」が使われる理由

2018年04月21日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 


 

 

 

目次

①「光の三原色」と「色の三原色」を知る!
②補色を使用して光の三原色を吸収させる役割がインク!
③「ブラック」は、何故「K」なの?

 

 

 

①「光の三原色」と「色の三原色」を知る!

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

複合機ではインクやトナーの原料を「M(マゼンタ)」「C(シアン)」「Y(イエロー)」「K(ブラック)」と呼んでいますが、何故マゼンタを「赤」、シアンを「青」と呼ばないのか不思議ではないでしょうか?

 

今回はその由来を教えたいと思います。

 

まずは
「R(赤)」「G(緑)」「B(青)」の光の三原色
「M(マゼンタ)」「C(シアン)」「Y(イエロー)」の色の三原色
という言葉から解説したいと思います。

 

光の三原色は、R・G・Bを濃い色で混ぜ合わせれば混ぜ合わせる程「白」に近づきます
これを加法混色と言います。

 

太陽の光も赤緑青で構成されているのです。

 

逆に、色の三原色のM・C・Yを濃い色で混ぜ合わせれば混ぜ合わせる程「黒」に近づきにます
これを減法混色と言います。

 

これをまず頭に入れておきましょう。

 

 

 

②補色を使用して光の三原色を吸収させる役割がインク!

上の図で分かる通り、色の三原色と光の三原色が重さならない色があるのが分かると思います。

 

シアンは、赤の補色(反対色)
マゼンタは、緑の補色(反対色)
イエローは、青の補色(反対色)
というのが分かりますね。

 

この補色が、それぞれのRGBを吸収する性質を持っているので、印刷物にはMCYが使われるのです。

 

普段私たちが目に「色」として認識している物は、その物体が発している訳ではなく、光を反射して私たちの目に見せています。

 

また、反射して見えている色は、他の色を吸収し、その色だけを反射しているのです。

 

例えば、白紙(赤+緑+青)に青色を表現したいと考えた場合、赤を吸収する色(シアン)と緑を吸収する色(マゼンタ)を加えれば、青となるのです。

 

本来であれば、3種類であらゆる色の表現が可能ですが、3種類だけで黒を作ろうと思うと薄っぽい黒になる為、真っ黒のブラックを用意する事によってしっかりとした色の表現が可能となります。

 

その為、インクやトナーは「M(マゼンタ)」「C(シアン)」「Y(イエロー)」「K(ブラック)」で構成されているのです。

 

 

 

③「ブラック」は、何故「K」なの?

 

トナーがMCYか分かったと思いますが、もう一つ疑問がありますね。

 

何故ブラックは「K」という表記なのか?という疑問ですね。

 

普通だったらBrackの頭文字の「B」とするところですが、青(Blue)と被る為、最後の文字のKにしました

 

また、ブラックは元々必須という色ではない為、青の優先順位が高かった事も由来しています。

 

 

関連記事

複合機(コピー機)のリース料金やカウンター料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

コピー機や複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼