複合機の自動検針システムとは?リモートで遠隔監視が可能!

2021年01月09日

対応エリア 全国対応
メーカー 特別条件複合機 ※お問い合わせ下さい
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ0.6円以下 /フルカラー6円以下
メンテナンス保守料金 0円
初期費用(搬入や設定等) 0円

 

 


 

業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円でリース・販売している株式会社じむやの堀田です。

今回は複合機の自動検針システムについてお話します。

 

複合機の自動検針システムとは?

 

複合機の場合の自動検針システムとは、複合機の利用状況やトラブル情報をメーカーに送るシステムの事です。

 

これにより、複合機の様々な情報を正確に把握し、ユーザーへの負担が少なく快適に複合機を使用出来るようになります。

 

お客様の複合機の利用状況(トナー・エラー状況・印刷枚数など)をインターネット回線を通じて管理するシステムです。

引用:FSS(自動検針システム)って何?

 

 

 

自動検針システムで出来る事は?

さいごに|複合機のリースを比較検討するなら株式会社じむやへ!

 

自動検針システムがある事により出来る事は何か?

ここではそれを解説していきます。

 

 

使用枚数(カウンター数)の把握

最初に書いておくと複合機にはカウンター方式の複合機とキット方式の複合機があります。

検針機能はどちらでも対応しておりますが、特に役に立つのがカウンター方式の複合機です。

カウンター方式の複合機は「カウンター単価×使用枚数」で請求額が決まる訳ですが、検針機能がある事により、正確な使用枚数が把握出来、間違いのない請求が可能になるのです。

 

 

トナーの自動発注

こちらもカウンター方式の機種で効果が発揮されるのですが、トナーの残量が残り僅かになったら、ユーザーが発注の手配をしなくてもメーカーが勝手に郵送してくれます。

コラム:トナーが自動配送される?【今の複合機はハイテクの塊!】

 

カウンター方式の複合機はトナーが無料なので、この様な事が可能なのです。

勿論、トナーが有料のキット方式だと大クレームになりますので、勝手に発送はしません。

 

 

紙詰まり等のトラブル情報

複合機は精密機器なので、大きな故障に繋がる前に早めのメンテナンス修理が必須となります。

検針機能があれば、紙詰まり等のトラブルが多発するとエラーコードとして、メーカーに通知が行くようになっています。

その為、迅速な保守が受けられます。

 

 

各種リモート設定

検針機能がある事により、各種設定をリモートで対応する事も可能です。

ただ、これは出来るメーカー、出来ないメーカーがあります。

 

 

 

自動検針システムはどのように契約する?

 

保守契約書がそのまま検針機能の申込用紙も兼ねているので、特に仰々しい書類はありません。

 

別途お金が発生する様な契約でもありません。

 

一つ注意点としては、リースの契約書は複合機の設置前に頂きますが、メーカーによっては保守契約書は設置時、もしくは設置後に書いていもらう事があります。

 

その為、保守契約書がメーカーに届いてないと、保守も受けられないどころか検針機能も使えないので、その点だけ注意が必要です。

 

 

 

自動検針システムが出来ないとどうなる?

 

実は自動検針システムは、ネットを介しており、LAN接続で複合機を繋いでないとメーカーに情報はいきません。

 

そうなると「カウンター数の把握」と「トナーの自動発送」が出来なくなります

 

もしその様な場合だと、FAX線を代用したり、キャノン等の一部メーカーだと、検針用の機器を複合機に付ける事によりカウンターの把握をします。

 

最悪の場合は、メーカーで電話確認をして、お客様にカウンターのメーターを確認してもらいます。

 

自動検針システムは、お客様の手間が軽減されメリットしかないので、業務用複合機を導入したら必ずネットワークに繋いで、出来るようにしましょう。

 

 

 

各メーカーの検針システムの名称一覧

メーカー 検針システムの名称
ゼロックス EP-BB(エレクトロニックパートナーシップ-ブロードバンド)
キャノン NETEYE(ネットアイ)
リコー @Remote
シャープ シャープパワーネットシステム
京セラ ECOSYS NET
コニカミノルタ CS Remote Care
東芝 リモートデバイスマネジメントシステム(RDMS)

 

 

 

最後に|自動検針システム付きの複合機なら株式会社じむやへ!

 

弊社では格安で複合機のリースや販売を全国にしております。

 

大から小まである販売店の複合機の違いは「価格」だけで、その他のサービスはどこも一緒です。

 

メーカーが保守メンテナンスを担当するので、違いはありませんね。

 

業務用複合機をお求めの際は是非株式会社じむやへお問い合わせください。

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼