複合機のプルスキャンとは?【プッシュスキャンとの違い】

2019年02月16日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

目次

①プッシュスキャンとプルスキャンの違い
②それぞれのメリット・デメリット

 

 

 

①プッシュスキャンとプルスキャンの違い

 

業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円で
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

今回はプッシュスキャンとプルスキャンの違いについての記事です。

 

名称から考えれば分かりやすいです。
プッシュは押す、プルは引くという意味です。

 

プッシュスキャンは押してスキャンするという事ですので、複合機からボタンを押してスキャニングします。

 

これが一般的なスキャナーと呼ばれる機能の使い方で、99%の方がこのやり方ですね。

 

逆にプルスキャンとは、引いてスキャンするという意味で、PC側から複合機に置いてある原稿の読み取り指示を出すスキャン方法です。

 

私も今までの人生の中でプルスキャンが出来るかどうかを聞かれたのは、過去3人しかおりません。

 

 

 

②それぞれのメリット・デメリット

 

プッシュスキャンのメリットは、やはり作業が簡単に出来る事です。
原稿をセットして複合機のスキャンボタンを押すだけで、PCに保存出来ます。

 

デメリットも特にありません。
何枚もある原稿でも複合機の自動原稿送り装置にセットすれば、全て自動で読み込んでくれますので、いちいち一枚一枚読み込まなくても大丈夫です。

 

プルスキャンのメリットは、画像の加工がしやすいところです。

 

PCからスキャンする時に細かい指示が出せるので、デザイン系の業種の方で極たまに使われる方がいらっしゃいます。

 

ただ、今ではプッシュスキャンでもかなり細かい設定が可能になっています。

 

デメリットとしては、1枚1枚原稿をセットしないと読み込めない事です。

 

なので、普通の事務作業としては全く使い物にならないので、基本的にはプッシュスキャンでしか皆様も使わないでしょう。

 

ただし、これは業務用の話であり、家庭用だと少し様子が違います。

 

家庭用は自動原稿送り装置が脆弱でそもそも使い物にならない事が多々ありますので、そう言った場合はプルスキャンで使われる方も多少はいらっしゃる様です。

 

また、家庭用だとプッシュスキャンの設定が出来ないというトラブルも割とありますが、何故かプルスキャンだけは出来るといった事もありますので、そういう環境だとプルスキャンを使わざるを得ないですね。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機のカウンター料金とは?【2020年の最新価格相場】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼