トナーとは?【インクジェット複合機との違い】

2019年01月03日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 


 

 

 

目次

①トナーとは?
②トナーとインクジェットの違いは?

 

 

 

①トナーとは?

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

トナーとは、「着色剤・樹脂・離型剤・外添剤磁性粉染料・微粒子」等を原料として作られた「粉」で、レーザー方式印刷機の印刷に使われる着色粉です。

 

トナーの特徴として、よく言われているのは原料の粉は非常に小さいという点です。

 

ウキペディア等で検索して頂くと「椎茸(しいたけ)の胞子の大きさとほぼ同じ1000分の5ミリ程度」という記載が見つかります。

 

また、トナーの場合は用紙の品質に関わらず、一定の品質で印刷が出来るので用紙によるムラがないのも特徴といえます。

 

 

 

②トナーとインクジェットの違いは?

項目 レーザー(トナー) インクジェット
原料
複合機本体の価格 高い 安い
原料の製造コスト 安い 高い
色の再現性
(専用紙の場合)
色の再現性
(普通紙の場合)
印刷の綺麗さ
印刷の速さ ×
速乾性 ×
耐水性 ×
保存性

 

 

原料

トナーは「粉」を着色料として、「帯電」→「露光」→「現像」→「転写」→「定着」という行程でトナーを定着させます。
詳しくは「レーザープリンターの仕組み」をご覧ください。

インクジェットは「水」を着色料として、圧力で吹き付けて印刷します。

 

 

複合機本体の価格

レーザー複合機の最も懸念されるデメリットとして、インクジェットよりも構造が複雑で部品も多い為、本体価格が高いです。

 

 

原料の製造コスト

同じ容量のトナーカートリッジとインクジェットカートリッジを比べると、大体1.5倍程トナーカートリッジの方が安いというデータがあります。

ただ、日本の家庭用インクジェット複合機だと、本体価格をリーズナブルな価格に抑えて、インク代で稼ぐというビジネスモデルなので、実際にユーザーの元に届くまでの金額としては、5倍以上の価格差があります。

 

 

色の再現性(専用紙の場合)

コピー用紙にも種類があり、一番適した専用紙の場合は、インクジェットの方が再現性が高いです。

ただし、家庭用ではなく業務用のインクジェット機となります。
家庭用インクジェット複合機の場合の評価は「△」ぐらいです。

 

 

色の再現性(普通紙の場合)

現状、アスクルやカウネット等で買える一枚0.5円~1円ぐらいのコピー用紙に印刷した場合は、レーザーの方が再現性が高いです。

 

 

印刷の綺麗さ

インクジェットの場合はどうしても水性の原料を使用している為、普通紙を使って印刷する場合にグラデーションが曖昧模糊(あいまいもこ)になり、常に一定の品質で出力する事ができない場合があります。

逆に、レーザーの場合は品質が安定しているので、レーザー式が企業に採用される一番の要因と言えるでしょう。

 

 

印刷の速さ

レーザー方式だと、最終的に定着させればいいので、理論上は出力速度の制限がありませんが、インクジェットだと速度の上限があります。

 

 

速乾性

「印刷の速さ」ではインクジェットに上限があるという事を書きましたが、正に速乾性が大いに関係しております。
インクジェットは水性なので「乾かす」という工程がレーザー以上に掛かってしまいます

 

その為、速く出力してしまえば生乾き状態で印刷されてしまい、触ると手についてしまいます。
年々インクジェットカートリッジの性能向上はされていますが、性質上速さではトナーに軍配が上がります。

 

 

耐水性

弊社では新規で業務用複合機を検討される方が多いのですが、やはりインクジェットの滲みを気にされる方は非常に多いです。

 

特に士業の先生達は重要な書類を作成するケースが多く、インクジェットだと業務上の支障があるという声は聞きます。

その点、レーザーでは水に濡らしても滲まないので、耐水性は圧倒的な差になります。

 

 

保存性

一般的にはトナーの保存性、100年頃から劣化する。
インクジェットの保存性は、20年頃から劣化する。
と言われております。

 

 

関連記事

複合機(コピー機)のリース料金やカウンター料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

コピー機や複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼