メーカーのHPに書いてある複合機の保守価格は無視でOK!

2019年01月17日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円で
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

まずは下記を見て下さい。

 

 

ムラテックのカウンター料金や保守の条件等が書いてありますが、代理店の出している値段と大きく違っていますよね?これはどこのメーカーでも一緒です。

 

モノクロが8円!?フルカラーが40円!?

 

今こんな値段で出していたら間違いなく潰れます。

 

これには訳がありまして、複合機のシェアというのはどれだけ優良な代理店を囲えるかが大きなポイントになってきます。

 

その為、極力代理店の販促活動の邪魔になるような記述はしていないんです。

 

メーカーが本気の値段を出したら、一番上の僕が出している見積もりでさえ、ぼったくりに入ってしまう程ですから。

 

1万件以上あるコンビニがいい例で、詳しい値段は把握していませんが、

●A3カラー複合機本体・・・・15万~20万
●モノクロ単価・・・・・・・0.5円前後

 

ぐらいと聞いています。

 

これは代理店間にも言える事で、僕は載せていますが本当は正確な料金をネット上に記載する事は タブーとされているんですよ。

 

これをやり始めたら第二次複合機価格破壊が起きますからね。

 

ただ、安く売ると利益は少ないのですが、その代わりお問い合わせが来ますし、紹介も貰い易いんですよ!
感覚的にリース料が3000円違ったら2倍ぐらい紹介を頂きやすいですね

 

話が逸れましたが、保守についても同じです。例えば、上から3つ目の※印の文を見て下さい。

 

「トータルサービス有効期間は5年間です。6年目以降は2年間を限度とし再契約できます(6年目以降:10%割増。7年目以降:20%割増)。」

 

と書いてありますね?

 

複合機を設置すると、パソコン等の設定もついでにやってくれるのですが、その時に、メーカーのメンテナンスマンと保守契約を結びます。

 

その書面を詳しく見ると、確かに上記の様な事が記載されているのですが、 実はメーカーは請求していません

 

もし6年目になって請求してしまったら、 それこそ複合機事業が潰れかねないクレームがくると予想されるからです。

 

メンテナンスマンも請求しないって分かっているので、あえて説明はしませんね。

 

ただし!キャノンは例外です。

 

キャノンの場合は、6年目にハガキで必ず請求しますので、お客さんに説明しておかないと必ず揉めます。

 

ただ、カウンターストックのマージンで、上がった分を負担する代理店もあるので一度聞いて見たほうが良いでしょう。

 

お客さんがメーカーのHPを見て、「本当にこの値段で出来るの?騙してない?」と言われる事があったので今回の様な記事を書きました!

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機・コピー機のカウンター料金の相場【2020年の最新価格】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼