複合機のリース期間中に消費税が変わったらどうなる?

2019年02月01日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機

 

 


 

 

 

目次

①複合機のリース期間中に消費税が変わったらどうなる?
②他は消費税の影響を受けてしまう
③リースでの駆け込み需要は大いにある

 

 

 

①複合機のリース期間中に消費税が変わったらどうなる?

 

消費税は過去3%・5%・8%と上がって来ましたが、2019年10月に10%にするという方針が発表されました。

 

リーマンショック級の出来事がない限り増税の方向で進んでおります。

 

以前の8%の時もそうでしたが、お客様から「消費税が上がったら月額のリース料金の消費税も上がるの?」という質問がありました。

 

結論から言えば、8%の時に契約したリース物件の場合は、途中で10%になろうが5%になろうが、満期まで8%の消費税となります。

 

リースというサービスは、途中解約が出来きず、リース会社も契約時に資産としてトータルの収益を計算しているので、消費税は変わらないのです。

 

 

 

②他は消費税の影響を受けてしまう

 

先ほどリースの消費税は変わらないと書きましたが、その他は消費税が変動します。

 

例えば「レンタル」の場合は、契約時に8%でも途中で10%になったら、同じく10%になります。

 

レンタルはリースと違い、いつでも解約が出来るサービスで、契約時に資産の計上が出来ず、極端に言えば毎月事の契約となる為、リースと同じとはいきません。

 

その他、「カウンター料金」に関しても消費税が変わったタイミングで変動します。
これには各メーカーのホームページに「役務の提供について」というニューリリースで発表をしています。

 

2014年4月に5%から8%の消費税に変わった時も、各メーカーでは8%で全て請求しますという文面を残しています。

 

 

 

③リースでの駆け込み需要は大いにある

 

上記の説明通り、消費税増税によるリースでの駆け込み需要は多いにあります。

 

しかし、実際に過去増税前に契約数が上がったか?と言えばそうではありませんでした。
昨年対比と比べても特に増えたという事はなかったです。

 

消費税の増税というのは過去に3度しかなかったので、若手起業家の方はそれを体験していない方も多く、リース契約をしても契約時の消費税のまま変わらないという方が非常に多いです。

 

弊社では複合機のリース相場が、普通のとこと比べても1.5倍以上安いですが、それでも数十万以上する高額製品となります。

 

少しでも安くする為には消費税増税前に契約するのがBESTの選択肢と言えます。

 

 

関連記事

複合機(コピー機)のリース料金やカウンター料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

コピー機や複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼