カラー複合機とモノクロ複合機の価格差は?【あまりない】

2019年03月02日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円で
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

お客様のお問い合わせから言えば、需要があるのは以下の順番です。
【A3カラー複合機>>>>>>>A3モノクロ複合機>A4モノクロ複合機=A4カラー複合機>>>>A2機】

 

4898653bacacd202255f468f1bde6ac9_s

 

多分皆さんの予想と然程変わらないと思います。
何故こんなブログを書いたのかというと、「モノクロ複合機だったらもっと安いんじゃないの?」と聞かれるからです。

 

実は同じ様なスペックのカラー複合機とモノクロ複合機の料金的差はほとんどないのです。

 

月額のリース料でも1,000円以下の差です。
むしろメーカーによってはモノクロ複合機の方が高いメーカーもあります。

 

というのもA3カラー機の出荷台数が最も多いのに対し、モノクロ複合機というのは生産が少なく、部品の単価が高いのです。

 

また、カラーのトナーの利益が高いのも勧めるポイントですね。

 

「絶対カラーは使わない!!」とおっしゃっていても全く使わない事はありません。
会社を経営されている方ならカラー機能があれば月に数枚は刷る方が多いです。

 

その為、メーカーや販売店もモノクロ複合機よりは多少値引きを頑張ってくれます。

 

カウンター料金に関してもモノクロ単価が安いのはカラー複合機の方です。
感覚的に言えば0,5円~1円ぐらいの差があります。

 

同じ料金だったとしてもカウント最低料金が増えたりするので、カラー複合機の方が高いという事はまずありません。

 

営業マンも「売りなれているコピー機 且つ  カウンターを安くできる複合機」の方を積極的に勧めますので、最初の提案ではA3カラー機から入る方が大多数だと思います。

 

カラー複合機を勧めたがるのは利益率が大きいからではなく、モノクロ複合機と大差がないからです。

 

それから、モノクロ複合機中には、カラースキャナが使えない等の複合機もありますので「この機能が無くて困った!」というケースもありますね。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機・コピー機のカウンター料金の相場【2020年の最新価格】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼