複合機6,900円以下

そもそも複合機とは?【コピー機・プリンター機等の違いも解説】

複合機とは?

 

複合機とは、コピー・プリンター・スキャナー・FAXのいずれか2つ以上を有する装置の事です。

 

A3まで対応できる機種が一般的で、A2以上は広幅複合機言われ、金額が驚くほど高くなります。

 

現在の解釈だと「コピー機 = 複合機 = FAX機」という認識の方も多くいらっしゃいます。

 

弊社でも「コピー機のリース料っていくらですか?」「FAX機って購入出来ますか?」等の質問と頂く事は多いですが、よくよく聞くと複合機の事を指していました。

 

ただ、コピー機・プリンター機・FAX機・スキャナー機は、あまりメジャーではありませんが、それぞれ単体として発売されています。

 

では、それぞれ正式には、どの様な意味をもっているのでしょうか?

 

 

 

コピー機とは?

 

コピー機の正式名称は「複写機」となります。読んで字のごとく、複製し写す機械の事です。

 

用意してある原稿と同じ印刷物を作成するものです。

 

また、ただ同じものを複製するだけでなく、大量印刷の際にはソート機能がつかえたり、原稿の倍率を変えたり、と用途の幅は広いです。

 

 

 

プリンター機とは?

 

プリンター機の正式名称は「印刷機」となります。

 

先ほど、コピー機は「用意してある原稿と同じ印刷物を作成するもの」と書きましたが、プリンターの場合は、電子端末に保存されているデータを印刷し作成するものとなります。

 

印刷するには、パソコンにドライバーをインストールして、PCとプリンターを紐づける必要があります。

 

現在のプリンターは「有線LAN」「無線LAN」「USBケーブル」「USBメモリ」のどれかを介して印刷します。

 

 

 

FAX機とは?

 

FAX機の正式名称は「ファクシミリ機」となります。

 

ラテン語で「facsimile」が由来ですが、原文の意味は「複写する」という意味になります。

 

ただ、コピーやプリンターと違うのは、原稿やデータを電気信号にし、電話回線を通じて複写する装置となります。

 

モジュラーケーブル(電話線)を介して、3G回線(第3世代携帯電話システム)を利用し、遠方からの通信を受けますが、現在の技術では無線化が出来ません。

 

一般的にはFAXはモノクロでしか使用できないという認識がありますが、カラーでも送信は可能です。

 

ただ、受け手側の機械もカラー対応が出来る装置でないといけないのと、そもそもメールでいいんじゃない?という理由でカラーの文化は廃れました

 

業務用の複合機では、カラーFAXだけなく、FAXそのものが廃れつつあるという事で、FAX機能だけオプションというメーカーは多いです。

 

 

 

スキャナー機とは?

 

スキャナー機はこれまでとは違い、紙を出す事はせず、紙からデータに変換する装置となります。

 

ほとんどプリンターと真逆の仕組みですね。

 

変換できるデータは「PDF」「TIFF」「JEPG」が基本です。

 

業務用の複合機の場合だとオプションを付ければ、紙から「docx(ワード)」「xlsx(エクセル)」にする事も出来ます。

 

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。

取り扱いメーカー

キャノン コニカミノルタ シャープ 富士ゼロックス ムラテック リコー 京セラ 東芝
Scroll Up