シャープの複合機のカウンター料金の相場は?

2019年01月01日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 


 

 

 

目次

①シャープの複合機のカウンター料金の相場は?
②新規導入でシャープの複合機のカウンター料金を下げるコツ
③入れ替えでシャープの複合機のカウンター料金を下げるコツ
④既存の機種でシャープの複合機のカウンター料金を下げるコツ

 

 

 

①シャープの複合機のカウンター料金の相場は?

リコーの複合機のカウンター料金の相場
モノクロ単価 2.5円
モノカラー単価 12円
フルカラー単価 18円

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

シャープのカウンター料金相場は「モノクロ2.5円」「モノカラー12円」「フルカラー18円」ぐらいが相場です。

 

今シャープを入れると「モノクロ1.8円」「モノカラー9円」「フルカラー15円」ぐらいが相場になるのかなと思います。

 

シャープのカウンター料金の特徴としては、出そうと思えば販売実績が薄い代理店でも比較的に安定して低価格を出せる事です。

 

「代理店を稼がせてあげよう!」と思っているメーカーの筆頭なので、そこの部分で代理店からは好かれていますね。

 

ただ、その分カウンターストックで経営を支えようとしてる代理店も多く、ユーザーからすればそこまで安くないと言われてしまうメーカーでもあります。

 

他社の見積書を頻繁に見ている訳でもありませんが、シャープでモノクロ単価1円未満の見積書を過去10年間で3件ぐらいしか見たことがありません。

 

 

 

②新規導入でシャープの複合機のカウンター料金を下げるコツ

 

先ほどの「モノクロ1.8円」「モノカラー9円」「フルカラー15円」だったら、特別な交渉を必要とせず導入する事が可能です。

 

先ほども書きましたが、シャープは代理店に還元しようという意図が強いメーカーです。

 

それを実現しているのが、他社とは違うカウンターストックの仕組みです。

 

通常、直接複合機のメーカーを代理店契約を結ぶ時には、

 

メーカーで保守メンテナンスをし、カウンター請求もメーカーがユーザーに行って、代理店に請求額の10%~20%のストックを払う」

 

代理店が自社で保守メンテナンスをして、カウンター請求も代理店が行って、予めメーカーで決められていたカウンター単価の仕切価格以上がストック

という2種類がありますが、シャープの場合はもう一つあります。

 

「メーカーでメンテナンスをするが、カウンター請求は代理店が行い、予めメーカーで決められていたカウンター単価の仕切価格以上がストック」という仕組みがあります。

 

そうする事により、代理店の負担が少なく最大限の利益を得る事ができるのです。

 

請求額の10%~20%のストックだと、単価が安くても代理店はあまり気にしませんが、カウンターに仕切り価格があれば少しでも高単価で契約させようというのが世の常です。

 

シャープに拘りがある方はそんなに多くはないと思いますが、それでも安くしたいなら競合他社の見積が必要です。

 

競合他社からバンバン見積書をもらって、一番安いところの見積書を見せて「同額に出来る?」と交渉するのが一番可能性があります。

 

ただ、カウンターの仕切り価格がある以上、下限は決められているので、超激安にする事はまず難しいです。

 

超激安に出来るメーカーだと「京セラミタ」「コニカミノルタ」「東芝テック」しかありません。

 

 

 

③入れ替えでシャープの複合機のカウンター料金を下げるコツ

 

こちらに関しても新規で導入する場合と一緒で競合他社の見積書があれば交渉は出来る。という程度です。

 

ただ、現在シャープを使っていると他の代理店からはカモと思われ「この会社だったら高くても契約出来るだろ」と思っている可能性が高いです。

 

というのも、基本的にシャープを使っている方は、飛び込みかテレアポで訪問営業されて導入した方が大多数だと思います。
複合機の電話営業があった場合は、十中八九シャープ製ですからね。

 

先ほど書いた通り、代理店への還元率が高いので、積極的な代理店が多いのです。

 

今のご時世、アナログでの営業で物を買ってくれる会社は、財布のひもが緩いというのが営業会社の認識なので、吹っ掛けられる可能性は他メーカーよりも高いです。

 

実際、弊社が完全反響営業のスタイルになる前は、他の代理店と同じくテレアポをしていましたし、営業手法もほぼ同じでしたから、認識は間違ってないと思います。

 

 

 

④既存の機種でシャープの複合機のカウンター料金を下げるコツ

 

シャープにも「代理店が自社で保守メンテナンスをして、カウンター請求も代理店が行って、予めメーカーで決められていたカウンター単価の仕切価格以上がストック」という方式があります。

 

勿論、上記の場合は更にカウンター単価の仕切りは安くなります。

 

実は、中古市場はシャープ製が大半を占めており、シャープを自社メンテしている代理店は非常に高いのです。

 

他のメーカーのコラムでも頻繁に書いてますが、基本的にメーカーがメンテナンスをしている場合は、既存機のままでカウンター料金を下げてくれる可能性は、ほぼ0です。

 

しかし、自社メンテの場合は、可能性が割とあります。

 

既にモノクロ単価1円代とかでしたら、交渉は不可ですが、3円代とかだったら他社の見積書を見せれば比較的にすんなりと下げてくれる可能性があります。

 

特に地域密着型の代理店の場合は、顧客を奪われるのを非常に嫌いますので、確率は高いと思っていいでしょう。
地域密着だと一社の口コミがパンデミック的に広まって、切り替わるケースもありますので。

 

 

関連記事

コピー機・複合機のリース料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

ゼロックスの複合機の評判・口コミ・特徴は?

キャノンの複合機の評判・口コミ・特徴は?

リコーの複合機の評判・口コミ・特徴は?

東芝の複合機の評判・口コミ・特徴は?

ムラテックの複合機の評判・口コミ・特徴は?

コニカミノルタの複合機の評判・口コミ・特徴は?

シャープの複合機の評判・口コミ・特徴は?

京セラの複合機の評判・口コミ・特徴は?

OKIデータの複合機の評判・口コミ・特徴は?

ブラザー・エプソンの複合機の評判・口コミ・特徴は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼