高槻市・枚方市で複合機を格安リース販売|株式会社じむや

2015年01月12日

特別条件複合機

 

 

 

 

高槻市の特徴

大阪府の北部に位置する高槻市は大阪都心部と京都市の中間に位置し、それぞれのベッドタウンとして発展してきました。

 

2018年時点での人口は約35万2千人余りであり、特に2000年以降は35万人前後を推移しています。

 

高槻市の人口は大阪府の中では7番目に多く、府内でも人口が多い都市の1つです。

 

高槻市は南北に長い形をしていて、北部は三好山や黒柄岳など北摂津山系が連なります。一方南部は山間から流れ出る芥川や桧尾川などによって形成された平野が広がっていて、そこに市街地が形成されています。

 

高槻市というと都会のイメージがありますが、自然豊かな芥川には、ホタルやカジカガエルといった生き物が生息していて豊かな自然もある都市なのです。

 

このように高槻市は都会の便利さと自然の豊かさを兼ね備えていることから、住みやすい街としても評判です。先述の通りベッドタウンであることから、共働き世代が住みやすいエリアです。

 

さらに所得制限なしの子ども医療費助成制度が充実していることから、若い子育て世代にも人気があります。さらに190以上の都市公園と360以上の児童遊園があることから、子ども達の遊び場がとても充実しています。

 

ところでベッドタウンのイメージがある高槻市ですが、シロウリやトマト、シイタケやタケノコなどの特産品も数多くあります。

 

 

 

枚方市の特徴

大阪市北部の枚方市は、読み方を間違えやすい都市として知られています。

 

知らない人は「まいかたし」と呼んでしまいがちですが、正しくは「ひらかたし」です。しかし枚方市は読み方の間違えやすさを逆手に取って、市のPRを行うしたたかな面を持っているのです。

 

枚方市の人口は2018年時点で約40万人であり、大阪府内で4番目の規模を誇ります。京阪神のベッドタウンとして、1960年代ごろから人口が急増し、1990年代後半以降は人口40万人前後を推移しています。

 

枚方市というと学園都市のイメージがあり、市内には6つの大学が所在しています。そのため、学生の数が多く、活気と賑わいのある街でもあります。

 

高槻市と同様に都会のイメージがありますが、市の東側には生駒山系が連なっていて、豊かな自然を身近に感じられます。また古代から現代に至るまで、様々な時代の歴史的及び文化的遺産が数多く残されています。

 

そのため、歴史や文化を感じられる観光スポットも点在しています。そして、くわらんか餅や枚方味八景など枚方市銘菓も数多いです。このように枚方市は都市部の便利さだけではなく、自然や歴史や文化を肌で感じられる魅力ある街なのです。

 

 

 

高槻市と枚方市の複合機事情

高槻市と枚方市はともに大阪府にある都市なので、大阪弁で話す人がほとんどです。

 

しかも大阪人ははっきりと物事を大阪弁でしゃべる傾向にあり、そのことが口が悪いという印象を与えてしまっています。特に他の地方出身で大阪に慣れていない人からすると、独特の大阪弁はちょっときついと感じてしまうかもしれません。

 

しかし、大阪人は人懐っこい性格を持つ人が少なくありません。排他的なイメージはないため、大阪弁のきつさに慣れてしまえば、複合機の営業に行っても話はしやすいでしょう。

 

ただ大阪人は東京にライバル心を持っている人がいるので、東京出身であれば、東京の複合機事情についてあまり持ち上げない方が無難です。

 

高槻市と枚方市は大阪の一部ですが、大阪といえば値切り文化があります。全ての人がそうではありませんが、相手の言い値で購入してどうするんだと考える人がいるのです。

 

特に複合機のような高価な買い物であれば、どれだけ値引きできるかというのは大きな関心事です。また高槻市と枚方市には、中小企業が数多く存在します。

 

そして中小企業の中には、家庭用の複合機を採用していることがあります。家庭用の複合機であれば、家電量販店で購入できるため、値切り交渉するケースも少なくないです。

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼