複合機のウォームアップタイムとファーストコピータイムの違い!

2018年02月21日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 


 

 

 

目次

①ウォームアップタイムとは?
②ファーストコピータイムとは?
③ウォームアップタイムは劇的に早くなった!

 

 

 

①ウォームアップタイムとは?

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

主電源を入れて複合機が印刷可能になるまでの時間の事をウォームアップタイムと呼びます。
ただ、スリープモードからの立ち上げも同じくウォームアップタイムと呼びますので、少しややこしいです。

 

主電源からのウォームアップタイムは家庭用の複合機で、大体30秒前後。
主電源からのウォームアップタイムは業務用の複合機は、大体20秒前後。
が平均となります。

 

スリープモードからのウォームアップタイムは家庭用の複合機で、大体20秒前後。
スリープモードからのウォームアップタイムは業務用の複合機は、大体10秒前後。
が平均となります。

 

 

 

②ファーストコピータイムとは?

 

複合機が印刷出来る状態で、スタートボタンを押して最初に印刷物が出てくるまでの時間をファーストコピータイムと呼びます。

 

家庭用の複合機は、大体10秒前後。
業務用の複合機は、大体10秒以下。
が平均となります。
 

 

 

③ウォームアップタイムは劇的に早くなった!

 

私は2010年頃からOA機器の仕事に携わっていますが、スリープモードからウォームアップタイムは劇的に改善されています。

 

2005年頃には、どのメーカーも60秒~90秒ぐらいの時間がかかってました。
2010年頃には、各社30秒~60秒ぐらいの時間に短縮し、
2015年頃から、10秒前後となりました。

 

昔は複合機の入れ替えの提案で鉄板だったのが、「安くなります」「スリープモードからウォームアップタイムが早くなります」でした。

 

特に、複合機の入れ替え可能時期となる3年が過ぎれば、ウォームアップタイムが10秒以上早くなっていたので、単純に目に見える機械性能が良くなるという事で入れ替えはバンバンありました。

 

やはり、コピーしたい時に1分近くも出来ないというのはフラストレーションが溜まり、作業効率も落ちますので提案は簡単でした。

 

しかし、今の時代だと型落ち機種でも、目に見えて機械の性能が変わるという事がありませんので、なかなか複合機の寿命以外で切り替えは難しいですね。

 

 

関連記事

複合機(コピー機)のリース料金やカウンター料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

コピー機や複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼