代理店指定のリース会社じゃなくてもリース契約は可能?

2019年01月09日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 


 

 

 

目次

①代理店指定のリース会社じゃなくてもリース契約は可能?
②どういう時にお客様指定のリース会社にしたいと相談されるか?

 

 

 

①代理店指定のリース会社じゃなくてもリース契約は可能?

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

企業の皆様は「リース」というサービスを日頃から活用されていると思いますが、そのリース会社は自ら選んだリース会社ではなく、OA機器の代理店が選んだリース会社ではないでしょうか?

 

自分で選んだとしても、代理店が加盟契約をしているリース会社なんて多いところでも7・8社ぐらいです。
しかし、リース会社は全国に200社あり、銀行系を含めると数百社にのぼります。

 

弊社でたまに相談されるのが「弊社指定のリース機関で契約出来ますか?」という相談です。

 

結論から言えば、全国どの代理店でも可能です。
代理店が頑固だと、断る可能性がありますが、制度的には何ら問題ありません

 

通常代理店指定のリース会社は、ベンダーリース契約というのを代理店と交わします。
これは、500万円未満のリースであったら簡易的な審査が可能 且つ 代理店への入金フローが、最短で10日・最長でも20日です。

 

逆にベンダーリース契約をしていないリース会社だと、3期分の決算書が必要 且つ 代理店への入金フローが月末締めの翌月末支払いで、最長2ヶ月ぐらいかかってしまうのです。

 

お客様から指定される場合は、その審判会社とお客様の信頼関係が出来ているケースが多いので、3期分の決算書は必要ない場合も多いです。

 

 

 

②どういう時にお客様指定のリース会社にしたいと相談されるか?

 

弊社で多いのは「既にそのリース会社で取引があり、一元管理をしたいから」「これからそのリース会社で信用実績を作っていきたいから」という2つの理由が多いです。

 

 

「既にそのリース会社で取引があり、一元管理をしたいから」

大きい企業でしたら、様々な金融契約(ローンやリース等)をしますが、それら全てを違う信販会社からだと、何かしらの調べ事があった時に大変になる為、相談される事があります。

 

 

「これからそのリース会社で信用実績を作っていきたいから」

こちらのケースでは銀行系のリースを使いたいという事で相談をされるケースがあります。

 

銀行系リースだと、もろに銀行の信用に直結するので、今後大きな融資を受けたい場合に既に、実績を持っていると審査のプラス材料となる為、希望される方もおります。

 

銀行の中には「うちから融資を借りて、それで購入して欲しい」という銀行マンからの営業で、現金購入を選ぶ方もいらっしゃいます。

 

 

関連記事

複合機(コピー機)のリース料金やカウンター料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

コピー機や複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼