新卒・転職者に告ぐ!OA機器業界はブラックだ!

2019年03月22日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

目次

①飛び込み・テレアポがキツイ!
②人間力が物を言う
③強引な売り方

 

 

 

①飛び込み・テレアポがキツイ!

dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s
業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円で
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

いきなりセンセーショナルなタイトルで思わずクリックしてしまった方もいるでしょう
ずばり言います!複合機業界は不動産営業と同じぐらいブラックです!

 

皆さんはIT関係の営業ってどんなイメージがありますか?スーツバッチリでタブレットか何かで商品の説明して、帰って返事を待つ。

 

んな訳ありません!!
飛び込みだったら日に50件は飛び込んで1件の見込み。
テレアポだったら100件電話して1件の見込み。

 

一度訪問したら必ず受注しろ!といわれるど根性の世界なのです。

 

今でこそ独立して勝手気ままに営業してますけど、正社員だった時はガチガチにスケジュールを管理されてましたし。

 

営業車で昼寝なんて何処のお伽話?って感じでした。というか車なんて使えませんでしたし。

 

ド田舎にも営業行く会社だったのですが、駅から1時間歩く事もザラです。

 

あっ ちなみに僕はテレアポ出身です!

 

そんで新人の何がキツイって営業エリアを決められる事ですよね。
テレアポの場合になりますけど、要するにかけつくしたリストを渡される訳ですよ。

 

そんなリストを掛けても怒られるだけなんですけど、複合機業界は頭が固いですからね。
で必然的に成績は上がらない訳です。

 

ここの部分で心が折れてしまう方が大半ですね。
僕も全然売上が上がらなくてヤバかったので、こっそり他の地域もかけてました。

 

僕はもう一つペットるというポータルサイトを運営していて、ネット関連の事業もやっているのですが、OA機器の業界ってITをうたっている割にはホームページでの集客にからっきしな会社が多いんですね。

 

なので、興味のある複合機会社のホームページを見て、「あっ この会社ネット集客に力入れてないな!」 と思ったら、ゴリゴリの飛び込み営業の可能性が高いです。

 

 

 

②人間力が物を言う

d7a1639344d95995f58c6802b451412a_s

 

仮にじゃあアポイントを1時間頂きました。
複合機の説明する時間はどれくらいだと思いますか?

 

だいたいの営業マンは10分~20分と言うでしょう。
これは営業マン自身に合った時間ではなく、会社から「このぐらい話せ!」と言われている時間です。

 

何故そんな指示があるかというと、結局普通の会社で使う分には業務用複合機ってどのメーカーも性能はそんなに変わらないんですよ!

 

「コピー・プリンター・FAX・スキャナが出来れば良い」これに尽きるんですね。

 

冒頭で見積もり価格を発表しちゃってますけど、僕の会社みたいに格安で提供出来れば、自然とお問い合わせがくるのでガツガツ営業しなくてもやっていけますが、普通の会社はやっぱり普通の見積もりしか出せないんですよ。

 

そうすると差別化を図る部分としては「営業マンの人間性!」しかないのです。

 

コピー機の営業だけなく他の営業もそうだと思いますが、「商品を売るんじゃなく自分を売れ!」というのはこういった理由からです。

 

今までの文章を見れば分かると思いますが、僕も人間力のある営業マンじゃないので、これが相当きつかった。

 

で他のやり方を模索して自分なりのスタイルを築こうとすると、複合機業界の常識を逸脱するつもりか!!って言われる訳です。

 

なかなかそれに抗って会社勤めをするのは難しいので、結局「やる気が満ちていて、お互いがWINWINに!」なんて関係はまず無理です。

 

ブラック過ぎるので自分が得すれば良いという考えの者しか務まりません。

 

会社自体がクリーンに営業している代理店なんて 全体の20%に満たないと思いますね

 

 

 

③強引な売り方

éx‚³‚ê‚é‚È2

 

これも以前書いたと思いますが、複合機の営業マンは居座り営業万歳のスタンスです。
居座らないにしてもかなり粘るので、相手の社長には苦痛だと思います

 

僕から言えばそんな事しても意味ないだろと思うのですが、「忍耐力を付ける為」だとか「もしかしたら契約してくれるかもしれない」という理由でやっています。

 

今の情報社会でそんな営業方針をしていたら、いずれはネットで総叩きに合うので、メリットなんてないんですけどね。

結局メーカーの代理店はどこも同じ物を扱っているので、値段勝負が基本。

 

それが出来ないなら人間力で勝負するしかないので、社風がブラックになります。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機のカウンター料金とは?【2020年の最新価格相場】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼