複合機の「2in1」「4in1」「8in1」って何?

2018年04月04日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 


 

 

 

目次

①「2in1」「4in1」「8in1」とは?
②どんな時に使用するの?
③営業マンとしてもコスト削減でアピールしやすい

 

 

 

①「2in1」「4in1」「8in1」とは?

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

複合機の付加機能として2in1という機能がありますが、これ簡単に説明すれば、ページ集約機能という事になります。

 

例えば、
2in1」であったら「2枚を1枚に集約
4in1」であったら「4枚を1枚に集約
8in1」であったら「8枚を1枚に集約
という事になります。

 

集約される用紙サイズは特に指定はされませんので、A4の用紙で8in1をしてしまうと文字が極小となり、何が書いてあるかわからないので注意が必要です。

 

個人的には「2in1」と「4in1」はA4サイズの用紙を使い、「8in1」はA3サイズを使用するとすっきりとして、ストレスを感じずにコンパクトに集約が出来ますね。

 

メーカーによって集約できる枚数に違いはありますが、「4in1」までであったら業務用複合機ならどのメーカーも対応しています。

 

 

 

②どんな時に使用するの?

 

この集約機能が喜ばれるシチュエーションとしては、会議や内部資料として使う事が想定されています。

 

企業規模が大きくなればなるほど資料の部数は増えるので、コピーコストや紙代の削減が可能となるのです。

 

単純に考えて4in1ならコストが4分の1になるという事になります。

 

弊社でも内部外部問わずに資料を大量に印刷するユーザー様がいらっしゃいますが、毎月のカウンター料金だけで3万円の請求が発生しています。

 

4in1の機能を常日頃から使用しているので、3万円で済んでいますが、集約機能を使っていなければ10万円は毎月超えていますからね。

 

 

 

③営業マンとしてもコスト削減でアピールしやすい

 

今家庭用の複合機を使用している方に分かりやすいメリットとして、この集約機能の説明をする事が多いです。

 

家庭用にはこの機能が付いていない機種が大半ですので、複合機の営業マンは「この機能を使えば、印刷コストが圧倒的に下がりますよ!」というトークが使いやすいのですね。

 

裏技という訳でもありませんが、A4の原稿2枚をA3のコピー用紙に2in1をして、真ん中をカッターやハサミで分けると、カウンター料金が1枚分で済むという手法もあります。

 

ただし、今はカウンター料金も安いので、人力でその手間をすると完全に費用対効果は悪いです。

 

どうにかしてメリットを出そうと営業したものの、何も響いてないので最終手段でこの説明をする営業マンは多いですね。

 

 

関連記事

複合機(コピー機)のリース料金やカウンター料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

コピー機や複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼