複合機のコピー用紙が無料?【カウンター料金に上乗せのカラクリ】

2020年11月28日

対応エリア 全国対応
メーカー 特別条件複合機 ※お問い合わせ下さい
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ0.6円以下 /フルカラー6円以下
メンテナンス保守料金 0円
初期費用(搬入や設定等) 0円

 

 


 

業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円でリース・販売している株式会社じむやの堀田です。

今回はコピー用紙無料の話題についてお話します。
最近ではかなり減りましたが、少し前までは印刷した枚数分のコピー用紙を無料でプレゼント!というサービスが流行ってました。

 

コピー用紙の無料サービスとは?

8a900b9e5863927e84c285874778511e_s

 

お客様からしたら、「カウンター料金+コピー用紙」になるところがカウンター料金のみで出来るのですから、初めて聞いた方は食いつきは良いでしょう。

 

維持費(ランニングコスト)は主に機械代(リース代)+保守料金+消耗品(紙等)になります
引用元:コピー機(複合機)の維持費とは?

 

実際に私が独立する前の正社員だった時代に、一度だけこのサービスを売りましたが、どんな提案をしてもメリットを感じてもらえなかった社長が唯一関心を抱いて頂き、受注する事が出来ました。

 

 

 

デメリットはあるの?

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

 

弊社に複合機の見積もり依頼して頂く方で、よく質問があるのが「御社はコピー用紙無料はやってないの?」と聞かれます。

 

弊社ではこの様なサービスは行っておりません。
なぜならば、コピー用紙のサービスはカウンター料金に上乗せされているだけだからです。

 

モノクロカウンターが3円だとすると「モノクロカウンター2円+コピー用紙1円」という計算で出されております。
コピー用紙も安ければA4で0.5円とかで購入できますからね。

 

弊社はなるべく明瞭な会計にする為、リース料金とカウンター料金は激安で出しており、カウンター料金に関してはストックを放棄してカウンター料金を落としているので、そもそも上乗せするという仕組みが作れないのです。

 

そして、コピー用紙サービスをやっている会社の見積もりを見ていただけたら分かりますが、カウンター料金はモノクロで2.5円以上になっているはずです。

 

もしコピー用紙無料で尚且カウンターが1円とかでしたら、是非とも弊社を代理店にして頂きたいと思います。

 

なので、違う切り返しで複合機に興味がないお客様を振り向かせるには、うってつけのでサービスではありますが、そもそも何も得をしていないので、よく考えればそこまでメリットのある提案ではないのですね。

 

このサービス自体も冒頭で書いた通り、今はあまり見かけないです。
最近の主流で言えば、カウンター料金が無料という切り口も登場しておりますが、もちろんこれにも裏はあります。

 

カウンター料金0円!の落とし穴【別で費用が発生する】
インク使い放題定額プリンターの評判【OA機器社長が切る!】
の記事で内容を見て頂ければと思っております。

 

OA機器業界はあの手この手でユーザーを増やそうとしてますが、やはり普通のリース契約と普通のカウンター契約が結局のところトータル的に安くできるんですね。

 

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼