複合機が結露するとどうなる?【ヒーターは必要?】

2018年02月03日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 


 

 

 

目次

①複合機が結露するとどうなる?
②重度な結露で複合機が壊れる?
③どの様な地域で結露が起こる?予防策は?

 

 

 

①複合機が結露するとどうなる?

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

OA機器業者が一番嫌な時期と言えば、やはり冬です。
特に弊社の場合は遠方に行くケースも多々あり、冬に日本海側の地域に営業が入ると雪が凄くて割とゲンナリします。

 

しかし、そんな事はいくらでも我慢出来る事ですが、複合機の結露だけは割とどうしよもありません。

 

複合機やコピー機が内部の結露を起こすと、トナーが上手く紙に定着しなくなり、印刷の質が悪くなったり、何を印刷したのか認識出来ないぐらいにもなる事があります

 

上の様な結露の場合は、ドライヤーで20分程乾かせば治ります。

 

各メーカーで違いもありますが、豪雪地帯にはMYドライヤーを予め持参している設置担当もいます。

 

その場で完全に回復しなくとも、複合機自体は熱を持った精密機器ですので、数時間も電源を入れてほかっておけば治ります

 

複合機の周りを暖房器具で温めるのも効果的です。

 

 

 

②重度な結露で複合機が壊れる?

 

この結露にも重症度というのがあり、今まで書いたような軽度な結露は問題ないのですが、重度の場合はコピー機が壊れます

 

もちろん保守さえ入っていれば無料で対応が可能ですし、複合機でFAXを受け取る為にも電源はつけている事が当たり前なので、導入後に結露でメンテナンスに呼ばれる事は希です。

 

しかし、複合機の導入前だと私どもはあせりますね。

 

複合機を設置する場合に重度の結露があるとお客様からしたら、「お宅のところのコピー機大丈夫なの?」と心配される事がありましたし、下手な対応をしていたらキャンセルになっているかもしれませんでした。

 

 

 

③どの様な地域で結露が起こる?予防策は?

 

やはり気温の低い日本海側の地域や北海道は結露が起こりやすいですね。
先程にも書いた通り、導入後であればそれほど結露は怖くないトラブルですが、結露になると数時間は稼働が止まってしまいます。

 

防止策としては複合機を窓に近づけない事が大切です。
それから主電源は切らないでおきましょう。

 

また、余裕があれば正規オプションでヒーターを装備させる事も可能ですので、寒冷地のお客様は選択肢の一つとして考えても良いと思います。

 

「本体部」「給紙部」「リーダー部」等で付けるヒーターが別々になりますが、どれも1万前後ぐらいでつけれます。

 

基本的には本体部のヒーターを付けておけば、結露は軽減されますし、給紙部にヒーターを付ければ紙詰まりを軽減出来ます。

 

 

関連記事

複合機(コピー機)のリース料金やカウンター料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

コピー機や複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼