小型複合機をリースするメリットとは?料金相場や選び方など解説!

2020年11月29日

対応エリア 全国対応
メーカー 特別条件複合機 ※お問い合わせ下さい
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ0.6円以下 /フルカラー6円以下
メンテナンス保守料金 0円
初期費用(搬入や設定等) 0円

 

 


 


小型複合機のリースについて詳しく知りたいですよね。

小型複合機を購入せずに利用できるリースは、初期費用が抑えられるなどのメリットがありますが、料金相場が分からないという方もいることでしょう。

本記事では、小型複合機をリースするメリットや料金相場、選び方などについて解説しています。

ぜひ、参考にしてください。

 

 

小型複合機をリースするメリットと4つの機能について解説!

小型複合機をリースするメリットと4つの機能について解説!

 

まずは、リース契約の仕組みについて解説します。

 

 

『リース契約の仕組みとは?』

リース(lease)を和訳すると、「賃貸借」という意味になります。そのため、リース契約におけるリースとは、設備機器をリース会社が購入し、希望する企業に賃貸借することだと解釈できます。

 

そもそもリース契約は、設備機器を購入するのではなく、リース会社から一定期間借りて利用する仕組みです。そのため、設備機器をリースした企業は、契約で交わした料金を毎月リース会社に支払わなければなりません

 

 

『小型複合機をリースする3つのメリットとは?』

小型複合機をリースするメリットには、次の3つが挙げられます。

  • 初期費用がかからない
  • 継続的な設備投資が不要
  • 全額経費として計上できる

それでは、詳しくみていきましょう。

 

初期費用がかからない

企業が小型複合機などの設備機器を導入する場合、初期費用の負担が大きく、決断しにくいというケースもあることでしょう。リース契約によって、購入にかかる多額な初期費用がかかりません。しかし、月々のリース料金が発生しますので注意しましょう。

 

 

継続的な設備投資が不要

小型複合機などの設備機器を使用し続けている間に、故障や不具合が生じてくるケースも少なくありません。その度に、修理費用を支払っていると、結果的に膨大な出費に繋がりますよね。

 

また、定期的に最新機種が登場しています。リース契約では、設備の使用予定期間に合わせて期間を設定できるため、リース期間が終了すれば、新しい機種を導入することもできるでしょう。

 

設備の陳腐化の防止にも繋がり、継続的な設備投資が不要なことは大きなメリットといえます。

 

 

全額経費として計上できる

購入した小型複合機は企業の資産ですが、リースしている場合、毎月のリース料金は全額経費として計上できます。その理由は、設備機器の所有権が、リース会社にあるためです。また、小型複合機にかかる固定資産税はリース会社が支払いますので、節税にも繋がることはメリットといえるでしょう。

 

 

『小型複合機の4つの機能とは?』

小型複合機の機能は、主に次の4つが挙げられます。

  • 印刷
  • 自動原稿送り装置
  • スキャン
  • FAX

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

 

印刷(カラー・モノクロ)

小型複合機には、カラー印刷とモノクロ印刷が選べる機種と、モノクロ印刷のみが選べる機種が存在します。

 

カラー印刷できる機種は、コピーした原稿やパソコン・タブレットから出力したそのままの色で印刷できます。しかし、モノクロ印刷のみの機種の場合、白黒でしか印刷されません。

 

リース料金は小型機種が方が安く、低ランニングコストで運用できるため、用途や予算に応じて選ぶ必要があります。

 

ちなみに、カラーで印刷した方がモノクロで印刷したより、カウンター料金(カウンター保守契約)が高くかかります。

 

 

自動原稿送り装置(ADF)

ADFとは「Auto Document Feeder」の略で、自動原稿送り装置と呼びます。

 

複数の原稿をコピーする際に印刷したい順番に並べて置いておけば、自動で1枚ずつ読み込んでくれる装置のことです。

 

ADF搭載機種は、複数の原稿をコピーしなければならない場合でも自動的に送ってくれるため、業務の効率が上がります。

 

 

スキャン機能

スキャン機能は、小型複合機でもほとんどの機種に標準搭載されている機能です。スキャン機能を使えば、画像や文書などをデジタル静止画像の情報に変換し、データとして取り込むことができます。

プルスキャンやプッシュスキャンといった方法があります。

 

 

FAX機能

小型複合機にもFAX機能が搭載されている機種が存在します。電話回線をあらかじめ準備しておく必要がありますが、ビジネスにおいてFAXを活用する企業であれば、導入を検討しましょう。

 

また、FAX機能が搭載されている小型複合機であれば、FAX専用機器を導入する必要はありません。

 

 

 

小型複合機のリース料金の相場と選び方について解説!

小型複合機のリース料金の相場と選び方について解説!

 

次に、小型複合機のリース料金の相場について、詳しくみていきましょう。

 

 

『小型複合機のリース料金相場』

複合機のリース料金の相場は、最新機種や高性能機種、搭載されている機能が多い機種ほど高く設定されています。そもそも、一般的なリース期間の算定方法は、下記の公式に当てはめて計算されます。

 

  • リース期間の上限:法定耐用年数10年未満×120%
  • リース期間の下限:法定耐用年数10年未満×70%

 

そのため、リース期間は約3年~6年が一般的です。ちなみに、小型複合機のリース期間は、5~6年で契約される企業も少なくありません。

 

小型複合機の一般的なリース料金の相場については、下表をご覧ください。

 

小型複合機のスペック リース料金の相場
連続印刷速度:15~20枚/分 約7,000円/月
連続印刷速度:25~30枚/分 約9,000~10,000円/月
連速印刷速度:40~50枚/分 約13,000円/月

 

モノクロ印刷のみなど、搭載されている機能がシンプルな小型複合機であれば、月々5,000円以下でリース可能な場合もあります。しかし、一般的には上表の相場を参考にしてください。ちなみに、ハイスペックな機種の場合、月額20,000円を超えることもありますので、用途や予算に応じて選びましょう。

 

 

『小型複合機の3つの選び方』

ここでは、小型複合機の選び方について解説します。ポイントは次の3つ。

 

  • 持ち運びやすさ
  • 対応サイズ
  • 電源タイプ

 

それでは、詳しくみていきましょう。

 

持ち運びやすさで選ぶ

業務用の小型複合機は、メーカーや機種によって大きさはさまざまですが、男性の大人一人で持つのが少し厳しいぐらいの重さがあります。

 

オフィスに据え置くのであれば、通常の複合機の方が圧倒的に機能面では優れています。しかし、移動する場面が多い企業であれば、小型複合機を選ぶことで大きなメリットを発揮します。そのため、持ち運びやすさで選ぶこともポイントといえるでしょう。

 

 

コピー用紙の対応サイズで選ぶ

小型複合機の用紙の対応サイズは、機種によって異なります。ビジネスでの標準用紙サイズはA4用紙ですので、そのサイズであればほとんどの小型複合機で対応しています。

 

しかし、A3用紙に対応していない小型複合機も珍しくありません。また、標準サイズではない用紙で印刷したい場合もあることでしょう。用紙の対応サイズで選ぶこともポイントです。

 

 

電源のタイプで選ぶ

小型複合機には、次の2つの電源タイプが存在します。

 

  • AC電源
  • 内蔵バッテリー電源

 

AC電源の場合、コンセントから直接電源を供給する必要があるため、コンセントがなければ使用できませんが、バッテリー残量を気にせず使用できます。ちなみに、両方の電源に対応している機種もありますので、用途に応じて選ぶとよいでしょう。

 

 

 

さいごに|小型複合機をリースする際の保守内容は確認しよう!

さいごに|小型複合機をリースする際の保守内容は確認しよう!

 

複合機は精密機械ですので、使用し続けていると大きなトラブルや故障、部品・消耗品の交換の必要性が生じてきます。これらにかかる費用は、リース契約を締結していればかかることはほとんどありません。

 

お得に小型複合機を利用したいなら、リース契約はおすすめです。しかし、保守内容はしっかりと確認しておきましょう。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • リースとは、設備機器をリース会社が購入し、希望する企業に賃貸借すること
  • 小型複合機をリースするメリットは、初期費用・設備投資が不要、経費計上できる
  • 主な機能は「印刷」「自動原稿送り装置」「スキャン」「FAX」
  • 一般的なリース期間は約3.5~6年
  • 小型複合機のリース料金の相場は約5,000~20,000円
  • 小型複合機の選ぶポイントは「持ち運びやすさ」「対応サイズ」「電源タイプ」
  • リース契約時の保守内容もしっかり確認することが重要

 

リース料金に保守にかかる料金が含まれている場合もありますが、契約によっては別途に多額な料金が請求されるケースもあるため注意しましょう。

 

本記事が、小型複合機をリース契約する際の参考になれば幸いです。

 

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼