自動両面原稿送り装置(ADF)とは?【複合機の上の部分】

2018年02月04日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 


 

 

 

目次

①自動両面原稿送り装置とは
②自動原稿送り装置の種類は?

 

 

 

①自動両面原稿送り装置とは

img01_12l

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

こちらもよく聞かれるのでご解説致します。

 

自動両面原稿送り装置とは、複合機の一番上に紙をセットして送り出す装置の事です。

 

コンビニみたいにパカッと開けてガラス面で印刷する事ももちろん可能ですが、このやり方だと大量の原稿があった場合に、時間が取られ過ぎてしまうので、その時間を短縮する機能としてこういった機能があります。

 

まあ 名称の通りの意味ですね。別称「ADF」とも呼ばれます
基本的に両面機能は常備されているので、自動原稿送り装置とお客さんに言いますね。

 

ちなみにこの装置をパカッと開くと、ガラス面がありますが、その横の細長いガラス部で送り出した原稿を読み込んで印刷します。

 

印刷物に黒い線が入ってしまう場合は、大抵ココが汚れている為に起こるので、しっかり掃除すれば治ります。

 

家庭用の複合機でもこの機能はありますが、業務用複合機と耐久性の違いが一番顕著に表れる部分ではないか?
と個人的に思っております。

 

家庭用は紙詰まりがひどくて使い物になりませんね。

 

また、ただ単に紙を送り出すだけの単純な機能だけでなく、
・ミックス原稿送り(A3やA4の原稿が混ざっていても可能)
・カラー自動認識(モノクロとカラーがあっても自動で認識)
という付加機能がついているので、ガラス面から原稿を合わせて作業する事はあまりありません。
※家庭用ではこれらの機能はありませんので注意して下さい。

 

原稿送り装置だと紙詰まりになってしまいそうな用紙や契約書をコピーする時なんかはガラス面から行った方が安全です。

 

ローラーで送り出しているので、紙を全く傷付けない保障はありませんので!

 

 

 

②自動原稿送り装置の種類は?

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s

 

複合機の上の部分は取り替える事ができまして、普通の「自動両面原稿送り装置」の他に「プラテンカバー」「自動両面同時原稿送り装置」という2種類があります。

 

プラテンカバー
コンビニに置いてある様なタイプで自動原稿送り装置がなく、パカッと開けてガラス面からしか印刷が出来ないただの蓋閉じの役目です。

 

自動両面同時原稿送り装置
先ほども文中に書いた通り、ADFには両面機能が標準でついてますが、「両面印刷を行うと原稿が排出途中で一旦戻り、また排出する」という通常印刷の倍の時間がかかります

 

しかし、両面同時ADFだと、通常の印刷時間と同じ時間で原稿が排出されます
余程の大量コピーをする会社でもあまり使いません。

 

ちなみに、自動原稿送り装置は定価で25万前後、値引いても10万前後はする高級品です。

 

プリテンカバーだと1万円ぐらいなので、「コピーやスキャンは全然使わないよ!」という方はプリテンカバーにするとより安価で導入する事が可能です。

 

 

関連記事

複合機(コピー機)のリース料金やカウンター料金の相場は?

おすすめのオフィス用複合機メーカー10社!リース比較ランキング!

コピー機や複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>過去の記事一覧を見る

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼