ファイルサーバーとNASの違い【PCでも代用が可能?】

2019年01月04日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

目次

①ファイルサーバーとは?
②NASとは?
③その他の選択肢

 

 

 

①ファイルサーバーとは?

 

業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円で
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

ファイルサーバーとは「ネットワーク上にある情報を共有する為の機器」の事です。

 

データの保護やバックアップに優れており、WindowsのOSを搭載しているので、モニターのないPCという認識というのも間違ってはおりません。

 

上でデータの保護に優れていると書きましたが、ファイルサーバーは複数枚のHDDを搭載しており、一つが破損しても残りのHDDでカバーが出来るので、社内のネットワークシステムがしっかりとしているところは、ほとんどファイルサーバーを導入しております。

 

ファイルサーバーは主に従業員5人以上の企業が使うのに適しており、業務用となると基本的には2TB以上になります。

 

また、ファイルサーバーの保守は複合機の保守メンテナンスと同じく、保守は必ず入る事をオススメしますが、費用は月に数千円月~数百万までとピンキリです。

 

複合機もピンキリと言われますが、ファイルサーバーとは桁が違います。

 

 

 

②NASとは?

 

NASもファイルサーバーと同じく、データを管理するという概念は一緒です。

 

では何が違うのかと言えば、ファイルサーバーはPCにファイルサーバーという役割を与えるという考え方で、NASは外付けのHDDという物としての考え方です。

 

どちらが優れているかという質問であれば、NASはファイルサーバーの劣化版です。

 

WindowsのOSは搭載しておらず、出来る事も限られてくるので、1人~5人ぐらいのSOHOオフィスに適しています。

 

価格も電気屋で売っているものであったら数万円で2TBや4TBの物が買えます。

 

データを共有するぐらいの使用用途であればNASで十分ですね。
あくまでデータを厳重に保護バックアップを重視したいという事であればファイルサーバーをオススメします。

 

 

 

③その他の選択肢

 

今までファイルサーバーやNASの事を書いてきましたが、お気づきになった事はないでしょうか?

 

実は別でパソコンを1台用意すれば、ほとんど同じ機能が使えるんですね。

 

バックアップも時間を指定すれば、毎日してくれますし、ファイルの共有も出来る様になってます。

 

ですので、NASの様に従業員が1人~5人ぐらいの小規模であったら、もう一台PCを買って置いておけば問題はないんですね。

 

PCなので、何か問題があれば直接操作もできますし。
システム管理者の様な立場の人間がいれば別ですが、NASという単語で頭がパンクする人も中小企業には多いですからね。

 

その点PCであったらリテラシーも向上してきいるので、触れる人も社内に1人はいるはずです。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機・コピー機のカウンター料金の相場【2020年の最新価格】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼