複合機6,900円以下

複合機のリース期間は自由に決められる?【3年~7年まで可能】

複合機のリース期間は自由に決められる?

 

業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円でリース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

よくお客様から複合機のリース期間は5年か6年しかないの?と聞かれる事があります。

 

結論から言えば、複合機の場合のリース期間は3年~7年まで組む事が出来ます

 

一般的な会社の場合は、複合機のリースは5年か6年で組む事が多いです。

 

まれに3年の方もいらっしゃいますが、そういう方はなるべく借金を残したくないという方や高齢で事業がどうなるか分からないという方が多いですね。

 

ただ、7年リースも可能ではありますが、限られたリース会社しか複合機の7年リースを行っていません。

 

今私が把握している7年リースが可能なリース会社は「オリコ」「アプラス」「ジャックス」の3社のみです。

 

銀行系リースで7年が出来るところはしりません。

 

 

 

複合機のリース期間はどうやって決められている?

複合機の法定耐用年数 5年
最短のリース期間 法定耐用年数5年×0.7(端数切捨て) = 3年
最長のリース期間 法定耐用年数5年×1.2 = 6年

 

どこのリース会社も複合機の最短リース期間、最長リース期間は同じ基準で決められています。

 

それが上記の表となります。

 

しかし、気になる点がありませんか?

 

そうです。最長リース期間は6年なのに、7年リースが組めるという謎です。

 

一般的なリース会社は複合機の法定耐用年数を基準としておりますが、先ほど書いたオリコ等のリース会社は複合機の保守メンテナンス期間を基準にして最長リース期間決めているのです。

 

複合機の保守は購入してから7年間は最低保証でメンテナンス修理が可能なので、ここで7年まで可としています。

 

 

 

複合機のおすすめのリース期間は?

 

今まで3年~7年まで可能と書きましたが、複合機の現金購入価格からリース期間を求めますので、3年でも7年でもトータルで払う金額はあまり変わりません。

 

リース会社の料率(金利)が若干違いますので、7年リースの方がトータルの出費が多少嵩みますが、何万円も変わることはありません。

 

その点を踏まえて、私の一番のおすすめは6年です。

 

複合機は4年頃からトラブルが増えていき、6年頃から寿命が徐々に近づいていきますのでちょうどいいんですね。

 

また、複合機の新機種発売のサイクルは3年毎ですので、ちょうど新機種も発売されるタイミングなんです。

 

正直どのリース期間も一長一短ではあります。

 

しかし、一番最悪な期間ははっきりしています。

 

それは7年リースです。

 

先ほども書いた通り、7年リースも一長一短で、長さ的に問題があるわけではありません。

 

提案してくる業者に問題があるのです。

 

基本的に弊社の様なネットで広告を打って集客をしている会社であれば、見積書を出してから一旦考える時間があります。

 

しかし、飛び込みやテレアポでアポイントを切って営業に来るというスタイルの会社では、即決を迫ってきます。

 

あまりにも粘るので、金額次第で即決する企業様も多いのですが7年リースの場合、月に支払う金額がかなり安く見えるのでそれを悪用して営業する会社が非常に多いのです。

 

なので、お客様からのご要望で7年リースを提案してくたなら問題ないですが、真っ先に営業が7年リースで提案してきたのであればいくら魅力的な提案でも断りましょう。

 

何かしらの裏がある可能性があります。

 

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。

取り扱いメーカー

キャノン コニカミノルタ シャープ 富士ゼロックス ムラテック リコー 京セラ 東芝
Scroll Up