複合機6,900円以下

おすすめ!複合機・プリンターのラックの特徴と選び方を紹介!


複合機やプリンターを置く場所に困っている方必見!複合機・プリンターを置く場所でおすすめは専用のラックです。

 

しかし、さまざまなメーカーから数多くの種類のラックが販売されており、選び方で迷うことでしょう。

 

本記事では、複合機のラックをテーマに解説しています。特徴や必要性、ラックの選び方についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

複合機・プリンターのラックは必要?その理由は?

複合機・プリンターのラックは必要?その理由は?

 

ラックとは、棚や台、枠の意味を持つ英単語です。そもそも、複合機を設置するためにラックが必要なのでしょうか。ここでは、その必要性について解説していきます。

 

 

『複合機・プリンターのラックの特徴!』

一般的には、複合機・プリンターラックは、複合機を置く台や棚のことを指します。複合機やプリンターを設置するためのラックには、下記のような特徴が挙げられます。

 

  • 用紙やインク類などの消耗品をまとめて収納できる
  • 複合機・プリンター専用の置き場を確保できる

 

なかには、キャスター付きのラックもあります。

 

 

『ラックが必要な理由は?』

無線でパソコンと複合機・プリンターを接続している企業もあることでしょう。必ずしもパソコンの近くに複合機を置く必要はありませんが、パソコンの近くに複合機があれば便利ですよね。

 

とはいえ、複合機をパソコンの近くに置くスペースがない場合もあります。複合機の設置場所に困ったときは、ラックを活用してスペースを確保しましょう。

 

つまり、ラックの必要性は、スペースを有効活用できるうえに、印刷用紙やインク類などの消耗品をまとめることができることです。また、キャスター付きのラックであれば、重い複合機の場所移動を容易にできるメリットもあります。

 

 

 

厳選!おすすめの複合機・プリンターラック3選

厳選!おすすめの複合機・プリンターラック3選

 

ここでは、複合機・プリンターのラックの選び方とおすすめ商品を紹介しています。

 

『ラックの選び方は?』

複合機のラックを選ぶ際のポイントは、重さと場所に合ったラックを選ぶこと。ラックごとに耐荷重や大きさが異なります。

 

そもそも、耐荷重とは、物や部材が何Kgまで耐えられるかを示した値です。ラックの耐荷重をオーバーした複合機を置くことは危険ですので、選ぶ際は棚(台)のサイズだけでなく、耐荷重をしっかりと確認しておきましょう。

 

ちなみに、複合機・プリンターラックには、主に下記のタイプが存在します。

 

  • 机上タイプ
  • 床置きタイプ
  • ラックタイプ
  • ワゴンタイプ
  • ロータイプ

 

大型の複合機だと使えないタイプがあり、使い勝手も異なりますので、用途に合った選び方をすることもポイントといえます。

 

 

『おすすめの複合機・プリンター3選』

それでは、おすすめの複合機・プリンターラックについてみていきましょう。

 

 

大型複合機でも置ける!HY-YS76 スチール3段プリンター台

HY-YS76 スチール3段プリンター台」は、総耐荷重100キログラムの複合機・プリンターラックのため、大型複合機でも置くことができます。

また、横揺れにも強い構造になっているため、少しの揺れでも安心。3段タイプのため、天板に複合機を置いて、下段にはプリント用紙などのストック品を置くことが可能です。

 

⇒「HY-YS76 スチール3段プリンター台」を購入したい方はこちら

 

 

スライドテーブル付きのラック!FO-1204-G217-A

FO-1204-G217-A」は、スライドテーブル付きの複合機・プリンターラックのため、仕分け作業に大変便利です。耐荷重は約80キログラム。

そのため、ある程度の大きさの複合機・プリンターでも置くことができます。また、キャスター付きで、複合機を置いたまま場所を移動させることも可能。スチール製なのでお手入れも簡単で、収納部分も広くプリント用紙などの消耗品も収納できます。

 

⇒「FO-1204-G217-A」を購入したい方はこちら

 

 

空きスペースを有効活用!100-MR165

100-MR165」は、机上タイプのラックのため、パソコンモニターの上にプリンターを置くことができます。

耐荷重が20キログラムのため、あまり大きな複合機やプリンターは置くことができません。

しかし、すぐ近くにプリンターを置いて作業効率を上げたいという方におすすめです。また、2本支柱タイプのため、デスクの上に置いてもデスクが狭くなることもありません。

さらに、支柱の高さが約60センチあるため、デスク横のサブテーブルにしてプリンターを置くことも可能です。

 

⇒「100-MR165」を購入したい方はこちら

 

 

 

さいごに|複合機の設置場所にラックを活用しよう!

さいごに|複合機の設置場所にラックを活用しよう!

 

ラックを活用すれば、複合機やプリンターの置き場に困ることはありません。

 

また、すぐ近くに複合機が置けて、コピー用紙などの消耗品をひとまとめにできるため、作業効率も上がります。

 

本記事で紹介したラックの方にも、複合機・プリンターラックは数多くありますので、用途にマッチしたラックを選んで活用しましょう。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • 複合機・プリンターラックとは、複合機を置く台や棚のこと
  • 複合機の設置場所に困ったときは、ラックを活用してスペースを確保しよう
  • 重さや場所、用途に合ったラックを選ぶことが大切
  • 耐荷重とは、物や部材が何Kgまで耐えられるかを示した値

 

本記事が、複合機のラックについて知りたい方の参考になれば幸いです。

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。

取り扱いメーカー

キャノン コニカミノルタ シャープ 富士ゼロックス ムラテック リコー 京セラ 東芝
Scroll Up