リース物件の複合機の譲渡は可能?【再度審査があるが可能】

2020年03月07日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

目次

①リース物件の複合機の譲渡は可能?
②カウンター料金の名義替えも必要
③譲渡する時の注意点

 

 

 

①リース物件の複合機の譲渡は可能?

 

結論から書きます。可能です。

 

しかし、リース物件を譲渡するという事は、毎月の請求も引き継ぎという事になります。

 

そうなった場合には新しく譲渡する会社のリース審査をしなければいけません

 

もしリース審査もなく譲渡が出来てしまったら相手がブラックだった場合に、利益の回収リスクが発生しますからね。

 

これが現金購入で既に自己所有の場合は特に引き継ぎ審査がある訳ではないので、物件の動きを制限したくないのであれば現金購入で複合機を導入してもいいかもしれませんね。

 

リースの場合はどうしても「借り物」ですので、いろいろな制限があるのです。

 

また、変更依頼は代理店ではなく、リース会社に直接依頼しましょう。

 

 

 

②カウンター料金の名義替えも必要

 

先ほど、譲渡する場合はリース審査があると書きましたが、複合機にはカウンター料金という費用も発生しますが、こちらの料金を払う事でメーカーとの保守契約が可能となっており、この名義変更も必要となります。

 

しかし、こちらはリースとは違い審査がありませんの直ぐに変更が可能です。

 

逆に元のリース借主がリースだけ変更して安心していると、カウンター料金の請求が来てしまうという事になりかねませんのでしっかりと変更しておきましょう。

 

相手方の署名捺印が必要で、代理店かメーカーに相談しましょう。

 

 

 

③譲渡する時の注意点

 

先ほど書いた通り「リースの審査」「カウンター料金の名義変更」というのは絶対にしなくてはいけないものですが、もう一つ気を付けたい事があります。

 

それは移設にかかる費用です。

 

私のお客様はスタートアップの企業が多いので、導入したはいいものの必要なくなったという方が少数ではありますが、いらっしゃいます。

 

その時に「知り合いにタダであげる」または「格安で譲ってあげる」と言っている方も何名かいらっしゃいましたが、気を付けたいのが複合機の移設費用です。

 

複合機の重量は100キロを超えますので、移設費用だけでも数万円、別の企業なら設定も必要なのでさらに2・3万円という金額が発生します。

 

相手方に無料であげると言ってて、この様な費用が発生すると「タダとか言いつつ、移設費用で金抜いてるんじゃないか?」と疑われて関係が悪化してしまう可能性もありますので気を付けましょう。

 

また、複合機の移設はピンポイントで日程を決める事が難しく、常に忙しい方だと日程がいつまで経っても決められず、販売店側のクレームならまだしも、元の借主にも催促されかねませんので覚えておきましょう。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機のカウンター料金とは?【2020年の最新価格相場】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼