複合機6,900円以下

タンク式複合機のメリット・デメリットは?おすすめ製品3選!

複合機というと、カートリッジ式やレーザー式がおなじみですが、最近はタンク式の複合機も出回っています。

 

この記事では、そんなタンク式複合機のメリット・デメリットを取り上げた後、おすすめ製品を紹介します。

 

タンク式複合機とは?

複合機で割り込み印刷を実際に行う方法

 

タンク式の複合機とは、インクタンクに直接インクを流し込むタイプのプリンターです。

 

これまで多かったカートリッジ式では、インクがなくなるとカートリッジを交換していましたが、タンク式ではなくなったボトルにインクを注入します。

 

 

 

タンク式複合機のメリット

 

タンク式複合機を利用するメリットを考えてみましょう。他のタイプの複合機にはないメリットがいくつかあります。

 

 

インク容量が大きい

タンク式複合機の大きなメリットの一つが大容量なことです。インクボトル1本で、ブラック6000枚、カラー7700枚も印刷できるタイプがあります。

 

カートリッジ式複合機に比べても、非常に大きな容量です。

 

日頃大量の印刷をする方、企業などにとってはこの大容量はありがたい点。インク残量をそれほど気にする必要もなくなり、インク交換頻度も減り、手間が軽減されます。

 

 

印刷コストが安い

1度のインク交換で大量の用紙に印刷ができるタンク式複合機の印刷コストは安いです。

 

カートリッジ式複合機では、L版写真の印刷に約20円くらいかかることがありますが、タンク式なら6円程度で済む場合があります。

 

A4カラー文書の場合、カートリッジ式では1枚12円程度、タンク式なら0.9円程度です。

 

もちろん、製品の種類によってこの額は変わってきますが、カートリッジ式とタンク式で、印刷コストが大きく違う点はどの製品でも同じです。大容量で印刷コストが安い。とても便利な製品になっています。

 

 

 

タンク式複合機のデメリット

 

続いて、タンク式複合機のデメリットを見てみましょう。実際にタンク式複合機を購入するかどうかは、メリットとデメリットの両方を見たうえにしたほうがよさそうです。

 

 

複合機本体の価格が高い

カートリッジ式の複合機に比べると、タンク式複合機の価格は高いです。

 

後ほど具体的な製品を紹介しますが、同じメーカーの同じような複合機で見ると、1万円以上価格に差が生じることもあります。

 

インク自体は大容量になっているので、印刷コストは抑えられるものの、購入時には大きな出費になります。その出費の元を取ろうとすると、月に70枚の割合で5年間印刷し続ける必要もあるとの試算も。

 

普段大量の印刷をしない人にとっては、達成しにくい数字かもしれません。それなら、無理にタンク式複合機を購入しなくても、カートリッジ式でも十分でしょう。

 

 

インクを交換するときに汚れる可能性がある

タンク式の複合機のインクを交換するときは、手や服、床が汚れる可能性があります。

 

カートリッジ式複合機なら、カートリッジを交換するだけでよく、注意して扱えば汚れることもありませんが、タンク式ではそう行かないことがあります。

 

タンク式複合機では、インク交換時にタンクへ直接注入します。

 

その注入時にうっかりしていると、どこかが汚れてしまうのです。複合機のインクが手や服、床に付くと非常に落としづらいです。

 

洗濯や掃除も大変なりますから、インク注入時は細心の注意を払ってください。

 

 

 

おすすめタンク式複合機

さいごに|複合機は評判のコピー機ドットコム(株式会社ビジョン)!

 

ここからは、実際に皆さんに利用してほしいおすすめのタンク式複合機を紹介します。

CANONの製品を中心に取り上げますが、それぞれどのような特徴がある複合機なのか、詳細を見てみましょう。

 

関連記事

 

 

GIGATANKG6030

 

CANONのGIGATANKG6030には、次のような特徴があります。

 

  • プリントコストを大幅に低減
  • 特大サイズのインクタンクでたっぷりプリント
  • 高速プリントで大量印刷がスムーズ
  • コンパクトサイズで省スペース化
  • Wi-Fi 5GHzに対応
  • 最大350枚の大容量給紙
  • インク補充時の注ぎ過ぎを自動でストップ
  • 注ぎ口の形状と色を変え誤挿入を防止

 

GIGATANKG6030のプリント代は大幅ダウン。モノクロが1枚約0.5円、カラーが約1円になっています。優れたコストパフォーマンスを発揮します。

 

インクタンクは特大サイズです。1本につきブラックは約6000枚、カラーは約7700枚のプリントが可能。一度インクを補充すればかなり長く使えるほか、インク残量は外から簡単に確認できます。

 

高速プリントにもなっていて、大量プリントがスムーズ。モノクロで1分間に約13枚、カラーで1分間に約6.8枚のプリントができます。

 

複合機で多機能タイプなのに省スペースなのは使いやすいところ。ご家庭の書斎やオフィスのデスク、店舗のバックヤードなどどこにでも置きやすいです。

 

Wi-Fi 5GHzにも対応。PCやスマホとの接続がスムーズで、遅延や接続できないなどのトラブルは起きにくくなっています。

 

給紙可能数はA4普通紙で前面カセットに最大250枚、後トレイに最大100枚で、合計350枚にもなるので、補充の手間が省けます。

 

タンク式複合機のインク補充で困るのが注ぎすぎですが、GIGATANKG6030では、タンク内の空気と液体を交換するようになっています。タンクの空気口が液面に触れると自動でストップ。これで注ぎすぎの心配がありません。

 

インクの注ぎ口は形状と色を変え、正しい色のタンクにしか挿入できないようになっているので、誤挿入することもないです。

 

以上、GIGATANKG6030のおすすめ点を見てみましたが、優秀なタンク式複合機であることがお分かりになったでしょう。

 

 

GIGATANKG7030

 

GIGATANKG7030の基本的な特徴はGIGATANKG6030と同じです。低ランニングコスト、特大容量タンク、大容量給紙、高速プリント、コンパクトサイズ、インク補充時の注ぎ過ぎを自動でストップなどです。

 

自動両面プリントもできる点も同じ。一度の操作で裏表まとめてプリントでき、書類や資料、Webページなど大量の用紙を節約することができます。両面コピーも可能です。

 

GIGATANKG6030と違う点は、以下の通りです。

 

まず、写真印刷には発色の良い染料インク、文書のプリントにはシャープな顔料ブラックインクを使用。それぞれのメリットを活かしながら、幅広いプリントに対応しています。写真プリントでは、フチなし印刷も可能です。

 

高速電送可能なスーパーG3規格対応ファクスがついたこともGIGATANKG6030と違う点。複合機としての機能をさらに高め、通信時間が短縮化され、大量通信や遠距離通信時の通信コスト削減もできるようになっています。

 

 

GIGATANKG3370

 

GIGATANKG3370はCANONから2022年12月上旬に発売することになるタンク式複合機です。CANONの最新式のタンク式複合機だけに、優れた機能があります。

 

タンク式としての機能はGIGATANKG6030を踏襲しています。違う点を挙げるとすると、メンテナンスがしやすく安心な使いやすさ。

 

メンテナンスカートリッジとともに本体のプリントヘッド交換が自分ででき、修理に出す手間が省けます。修理にかかる時間をなくすことで、使えない時間もなくなりますから、とても便利です。

 

以上、CANONのタンク式複合機のおすすめを3種類紹介しましたが、どれも優秀な品ばかり。印刷コストも抑えられ、インク補充の手間も少なくなり、インクの注ぎすぎも防止するようになっています。

 

複合機でありながらも、コンパクトで置き場所を選ばないのもいいところ。どの製品もぜひとも使用していただきたいです。

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。

取り扱いメーカー

キャノン コニカミノルタ シャープ 富士ゼロックス ムラテック リコー 京セラ 東芝