株式会社じむや|豊橋市・田原市で複合機コピー機を格安リース販売

2018年01月06日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 

 

 

豊橋市の特徴

愛知県南東部に位置する豊橋市は市制施行が1906年であり、100年以上前から市として発展してきました。

 

東三河エリアの中心都市として、中核市にも指定されています。

 

市の面積は261.86平方キロメートルと、愛知県内の市町村では6番目の広さを誇ります。

 

2017年時点における豊橋市の人口は377,000人余りです。

 

ところで豊橋市というと愛知県にある市ということ以外、特にイメージがないという人も少なくありません。どうやら豊橋市は、少し地味なイメージがあるようです

 

豊橋市といえば手筒花火で有名です。

 

手筒花火は1メートルほどの竹筒に火薬を詰め、それを人が抱えながら行う花火ですが、豊橋市の吉田神社が発祥の地といわれています。

 

そのため、愛知県の東三河地方や隣接する静岡県の遠州地方で盛んに行われているのです。

 

またちくわも豊橋市の名産品であり、豊橋土産の1つに数えられています。

 

さらに豊橋市を中心とした三河港は国内で有数の国際貿易港であり、自動車の輸出入は全国トップクラスです。

 

交通面では豊橋駅は新幹線が停車する駅であり、豊橋鉄道市内線という東海地方唯一の路面電車が走行中です。

 

 

 

田原市の特徴

渥美半島の南端に位置する田原市は、北は三河湾に南は太平洋に面しているため、海を身近に感じられる都市です。

 

2003年に田原町が赤羽根町を合併することで、市制移行し田原市が誕生しました。

 

そして2005年には渥美町が合併され、新たな田原市が誕生したのです。

 

田原市の人口は2015年時点で62,000人余りとなっています。

 

1979年にトヨタ自動車株式会社の工場が操業を始めてから、田原市の人口は増加傾向となりました。

 

田原市といえば伊良湖岬が有名です。渥美半島の先端に位置するこの岬には、日本の灯台50選にも選ばれた伊良湖岬灯台があります。

 

また田原市というと海というイメージがありますが、市の北部から西部にかけて蔵王山や大山などの200~300m程度の山々も存在します。

 

そのため、蔵王山の山頂からは田原市の市街地と海を眺めることができます。

 

また農業も盛んな地域であり、キャベツやブロッコリーなどの野菜栽培や、肉用の牛や豚の飼育が盛んです。

 

あさりせんべいは田原市の銘菓として、様々なフレーバーが販売されています。

 

 

 

豊橋市や田原市のコピー機や複合機事情

豊橋市や田原市は東三河地方の中心エリアです。

 

名古屋からは在来線で1時間以上かかるので、少し距離があると感じる人が少なくありません。

 

また豊橋市には国家機関が公共施設が多く、更には大手企業の支社が少なくありません。

 

そのため、リース契約でコピー機や複合機を導入している団体が非常に多いです。

 

中にはリース契約でなく、現金購入で導入している団体もいます。愛知県は実用性を重視する人が少なくなく、リース導入による金利を心配する声があります。

 

そのため、リース契約するよりも購入して、自分たちの資産としてしまうケースもあるようです。

 

団体によっては業務用複合機ではなく、家庭用複合機を利用するところが存在します。

 

特に中小企業でその傾向が見られますが、家庭用複合機の機能でも十分業務がこなせると考えている企業も多いです。

 

このように家庭用複合機を導入することで、コストを削減して財政を見直す企業が多いという特徴を有します。

 

コピー機や複合機を売り出しにテレアポや飛び込みで営業をかけても、なかなか成果が出にくい地域です。

 

しかし根気よく営業を続けて、豊橋市や田原市に根ざした基盤を作り上げれば、公共施設や企業がたくさん立地するエリアでもあるので、安定した成果を出すことはできるかもしれません。

 

ただ、豊橋市に本社を置くOA機器販売会社も存在します。このような会社ならば、大手企業だけでなく豊橋市内の中小企業からの導入依頼が多いです。

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼