株式会社じむや|弥富市・あま市で複合機コピー機を格安リース販売

2018年01月06日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 

 

 

弥富市の特徴や歴史

弥富市は愛知県の西南部にある市です。
2006年に海部郡弥富町が十四山村と合併して、愛知県の35番目の市である弥富市が誕生しました。

 

弥富市としての歴史はまだ浅いですが、土地としては平安末期から確認されている場所です。

 

江戸時代には何度も水害に遭いながら開発が繰り返し行われ、新田を伸ばしていきました。

 

現在の弥富市の土地は、江戸時代以降に陸地化された場所です。以降、明治、大正、昭和と、交通機関を発達させながら一つの市として徐々に成長していきます。

 

弥富市は農業が盛んで、ビニールハウス栽培の野菜や花があちこちで見られます。

 

また、北部は交通の便が良いことから、名古屋市のベッドタウンとして人気を集めている場所です。

 

一方湾岸部では、製造業、物流業が主要な産業で、自治体が積極的に企業誘致を行っています。

 

ベッドタウンとしての人気もありながら愛知の中心部、名古屋へのアクセスも良好なため、企業数の増加が見込まれます。

 

自然が多く穏やかな環境なので、住むだけでなく働く環境としてもピッタリの土地です。

 

 

 

あま市の特徴や歴史

あま市は愛知県の尾張地方、北西部にある市です。
2010年、海部郡七宝町と美和町、甚目寺町の三つの腸が合併し、愛知県の37番目の市としてあま市が誕生しました。

 

珍しいひらがなの名前は、難しい群名の「海部(あま)」を読みやすいひらがなにしたのが誕生のきっかけです。

 

合併された町の一つ、七宝地区は江戸時代末期から七宝焼と呼ばれる工芸品の製造が行われており、これは経済産業省が指定する伝統工芸品として有名です。

 

その他にも、国内で唯一の漬け物の神様が祭られている萱津神社、尾張四観音で有名な甚目寺観音など、観光スポットとしても注目の場所です。

 

弥富市と同様、あま市は名古屋市のベッドタウンとして発展している市です。

 

名古屋市まで約15分程度という好立地な場所で、市内を横断する名鉄津島線、名古屋市第二環状自動車道など、交通面での発展も目まぐるしく、歴史のある土地ながら現代の良さも取り入れています。

 

交通の便の良さ、名古屋市からすぐ近くという好条件のあま市は、市内のほぼ全域で宅地開発が盛んに行われています。

 

また、七宝焼や刷毛といった特産品だけでなく、第一次産業、第二次産業、第三次産業も活発に行われており、あま市に本社を置いている企業も多くあります。

 

支社や事務所も点在しており、一つの街として活発的な場所と言えます。

 

 

 

弥富市・あま市のコピー機事情

愛知の県民性としてよく言われているのが、派手好きで郷土愛が強い、こうと決めたら貫く忍耐力の強さと頑固な面です。

 

愛知県に住んでいる全ての人がそういうわけではありませんが、三大都市の一つとして発展させてきた歴史的背景などから、このような傾向にあると言われています。

 

派手好きと言われている理由の一つが、結婚式の派手さです。

 

嫁入り道具はトラックに積まれるほど、結婚式で家が傾くと言われている派手な結婚式ですが、一方で日常生活においては倹約家という一面もあります。

 

このような点から、名古屋で企業を新規開拓するのはハードルが高いとされています。

 

会社が契約しているコピー機などの設備道具も、一つの企業を長く使っているというところが多く見られます。

 

郷土愛が強いため、契約している企業も県内のもの、というところは珍しくありません。

 

愛知は三大都市の一つとして発展してきた場所なので、他県の企業から取り入れなくても事足りる、という理由もあります。

 

愛知で仕事をするのであれば、元々愛知県内に根を伸ばしている企業に協力してもらうか、愛知のコミュニティに混ざり基礎からしっかりと地盤固めをしていく必要があります。

 

弥富市やあま市は大企業ではなく中小企業が多く点在する土地のため、利用しているコピー機は大手の様々な機能が搭載されているものでなくても事足ります。

 

企業によっては家庭用コピー機で十分、という場合もあります

 

この二つの市でコピー機を導入するのであれば、ある程度の機能が搭載されており、値段は安めで愛知県内に籍を置いている企業が強いと考えられます。

 

 

 

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼