カウンター料金の契約元はどこ?【メーカーか販売店か】

2019年01月07日

特別条件複合機

特別条件複合機
対応エリア 全国対応
メーカー お問い合わせ下さい。
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 0.6円以下
カラー 6円以下
トナー料金 0円
メンテナンス料金 0円
初期費用 0円

 

 


 

 

 

目次

①複合機のカウンター料金の契約元はどこ?
②自社メンテの場合は販売店が契約元!

 

 

 

①複合機のカウンター料金の契約元はどこ?

無題
業務用フルオプションA3カラー複合機を月額6,900円でリース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

今回は複合機の契約時のお話です。

 

実は複合機の契約は色々な会社との契約が必要で、それを代理店がまとめて請け負っているので、「お客様には代理店としか契約していないのにこの引き落としは何?」となってしまう事があります。

 

冒頭でも書いた通り、営業に来た複合機代理店はあくまで契約を代行しているだけなので、直接的にやり取りする事はそこまでありません。

 

複合機を『現金購入』する場合にのみ直接やり取りが発生するぐらいです。

 

上のアイキャッチ画像を見て頂くと分かりやすいのですが、

●リース契約は、複合機設置前に代理店が代行して契約書を交わし契約します。
●リースではなく現金購入する場合は、直接代理店が契約します。
●カウンター契約は、複合機設置後に代理店が代行して契約書を交わし契約、もしくはメーカーが契約書交わし契約します。

となります。

 

ですので、リース料金とカウンター料金はそれぞれ別の日に別の会社から引き落としがされます。

 

ちなみに、リース会社によっては初回2回分が引き落としされ、リース満期1ヶ月前の請求はされないというところもあります。

 

また、リース満期前にはハガキで「再リース」「購入(一部のリース会社のみ)」「返却」という案内があります。

 

 

 

②自社メンテの場合は販売店が契約元!

acf3938cb7694158a4d94fa37dd1ed1b_s

 

基本的には上記の様なOA機器会社が大半ですが、中には例外があります。

 

それは自社でメンテナンスを行う会社の場合、カウンター契約は代理店と直接契約になります。

 

基本的にメーカーメンテナンスの方が自社で専任社員を儲ける必要がない為、カウンター料金を安く出来るので主流ではありますが、自社メンテの会社は土日対応が標準で出来るといったメリットがありますので、一長一短ですね。

 

 

関連記事

【2020年のおすすめ複合機】オフィス用メーカー10社のリース比較

失敗しないオフィス用複合機の選び方【2020年の素人はこれを見ろ!】

複合機・コピー機のリース料金の相場は?【2020年の最新価格】

複合機のカウンター料金とは?【2020年の最新価格相場】

保守メンテナンスってどこまで無料??

複合機の現金購入でも全額経費?【少額減価償却資産の特例】

リースとレンタルの違いは?

リースの仕組み【メリットやデメリット】

リースの途中解約は可能?

リース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機や複合機の法定耐用年数(減価償却)は?

 

>>コラム一覧を見る

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼