複合機6,900円以下

複合機でQRコードの読み取りは可能?メリットやおすすめ機種を紹介!

さまざまな場面で活用されているQRコード。最近の複合機には、QR読み取り機能が備わっている機種も数多く出回っています。しかし、操作方法が分からないなどで活用されていないケースも少なくありません。

 

本記事では、複合機のQRコード読み取り機能について解説しています。また、活用することをおすすめする理由なども紹介しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

複合機でQRコードの読み取りは可能?

複合機でQRコードの読み取りは可能?

 

複合機でQRコードの読み取りは可能です。そもそも、QRコードの読み取り機能とは何なのでしょうか?詳しくみていきましょう。

 

 

複合機のQR読み取り機能とは?

QRコードは、1994年に自動車部品メーカーであるデンソーの開発部門が発明したマトリックス型二次元コード。そもそも、QRコードの「QR」とは、「Quick  Response」の略で、素早く読み取る・反応するという意味を持ちます。

 

QRコードに似た仕組みにバーコードがありますが、その違いについては下記のとおりです。

 

  • バーコード:太さの異なる縦線を横方向に並べた1次元コードなのに対し
  • QRコード:縦と横に配置したドットの2次元コード

 

そのため、QRコードでは文字・画像データ、サウンドデータなど情報量の多いデータを埋め込むことが可能です。

 

作成・使用がオープンソースとされており、情報量の多いデータを埋め込むことができてコードをカメラにかざすだけで情報を読み取れるため、日本に限らず世界に広く普及しています。

 

現在では、複合機打だけでなく、決済やアプリのダウンロードやLINEの友だち追加など、さまざまなシーンで使われています。

 

つまり、複合機のQR読み取り機能とは、複合機に備わっているQRコードを読み取る機能のことを指します。

 

 

QR読み取り機能をおすすめする理由は?

複合機を利用するのにQR読み取り機能の活用をおすすめする理由は、コードを読み取るだけで、さまざまな情報を簡単に入手することができるため

 

バーコードリーダー対応した複合機も存在しますが、近年ではバーコードよりも情報量を多く埋め込むことができるQRコードの方が主流です。

 

理由としては、下記の3つが挙げられます。

 

  • 数字や記号・アルファベット・ひらがな・漢字などを入れることができるため
  • 高速読み取りが可能なため
  • 訂正機能を備えているため

 

QRコードはバーコードの約200倍のデータを入れることができ、数字だけでなく、記号、アルファベット・日本語の漢字・ひらがなを入れることが可能。また、360°どの方向からでも、読み取りが可能で速度も高速です。

 

さらに、誤り訂正機能を備えているため、汚れ・破損によってデータの読み取りミスが起きる確率も低いです。

 

そのため、スキャンしたデータの保管フォルダー振り分けの簡略化のためにバーコードリーダー対応した複合機の導入を考えているなら、QR読み取り機能が備わっている複合機はおすすめです。

 

バーコードリーダー対応した複合機とは異なり、QRコードの読み取りはモバイル端末のカメラを使うことができます。ただし、モバイル端末のカメラをQRコードの読み取りに使用する場合は、事前に複合機の設定とそのモバイル端末のOSに対応したアプリケーションのインストールが必要になります。

 

 

 

複合機のQRコード読み取り機能のメリット・デメリットを紹介!

複合機のQRコード読み取り機能のメリット・デメリットを紹介!

 

ここでは、複合機のQRコード読み取り機能のメリットとデメリットについて紹介していきます。

 

複合機では紙の書類をスキャンして、本体や複合機に接続しているパソコンにデータを保存したりコピーしたりできます。しかし、その作業が簡単・自動化できるのが、複合機のQRコード読み取り機能のメリットの1つ。

 

通常の方法で書類をスキャン・コピーする場合、紙の書類をガラス面などにセットして読み取りをする必要があります。しかし、QR読み取りの場合は、コードを複合機に読み取らせるだけで、書類の電子化から保存までを自動で行ってくれます。

 

しかもQRコードは、下記の内容で設定可能。

 

  • 保存先フォルダーの作成ルール
  • ファイル名の作成ルール
  • ファイル形式
  • 解像度
  • 送信先

 

そのため、スキャンの際にQRコードを貼り付けておけば、文書固有の情報を自動で設定でき、最小の操作でスキャン処理ができます。また、紙文書の電子化や登録・配信・ファクス送信が簡単にできるようになります。

 

最近はFAX文書にQRコードを付加して送り、そのFAX文書が送付先から返送されると、受信時にQRコード読み取り機能が自動解析してFAX仕分けや文書識別を行ってくれる機種も存在します。

 

ちなみに、複合機のQRコード読み取り機能のデメリットは、QRコードリーダーと端末がなければ利用できないことのみ。デメリットと比較しても、メリットの方が大きいため、複合機でもぜひご活用ください。

 

 

 

さいごに|複合機のQR読み取り機能を活用しよう!

さいごに|複合機のQR読み取り機能を活用しよう!

 

複合機のQR読み取り機能はメリットも大きいため、これを機に活用すべきでしょう。大量の書類の扱いに困っている、紙書類の電子化から保存までを簡略化したというのであれば、複合機のQR読み取り機能はおすすめです。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • 複合機でQRコードの読み取りは可能
  • QRコードの「QR」とは、「Quick  Response」の略
  • QRコードでは文字・画像・サウンドデータなど情報量の多いデータを埋め込むことが可能
  • QR読み取り機能の活用をおすすめする理由は、コードを読み取るだけで、さまざまな情報を簡単に入手することができるため
  • QR読み取りの場合は、コードを複合機に読み取らせるだけで、書類の電子化から保存までを自動で行ってくれる
  • QRコード読み取り機能のデメリットは、QRコードリーダーと端末がなければ利用できないこと

 

本記事が、複合機のQRコード読み取り機能について知りたい方の参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。

取り扱いメーカー

キャノン コニカミノルタ シャープ 富士ゼロックス ムラテック リコー 京セラ 東芝
Scroll Up