複合機6,900円以下

複合機の自炊(電子書籍化)とは?3つのメリットなど紹介!


複合機にはスキャナ機能が備わっているため、印刷物の自炊(電子書籍化)は比較的容易です。しかし、複合機を活用した印刷物の自炊(電子書籍化)の方法が分からないですよね。

 

本記事では、複合機の自炊(電子書籍化)をテーマに解説しています。手順やメリットなどについても紹介していますので、ぜひ、参考にしてください。

 

複合機の自炊(電子書籍化)方法とは?

複合機の自炊(電子書籍化)方法とは?

 

ここでは、複合機の自炊とは何なのか、仕組みや手順について解説していきます。

 

 

『複合機の自炊とは?』

自炊といえば食事や炊事などを思い浮かべると思いますが、複合機でいう自炊はそれとは意味が異なります。

 

複合機の自炊とは、自ら所有する書籍や雑誌を イメージスキャナなどを活用してデジタルデータに変換して電子書籍化すること

 

複合機のスキャナ機能で取り込んだ書籍や雑誌の画像データをパソコンのフォルダに保存できます。とはいえ、単に書籍や雑誌の画像データを複合機で取り込むだけが自炊ではありません。

 

書籍や雑誌を分解編集し、取り込んだ画像データを電子書籍化する一連の行為が自炊です。

 

著作物の書籍や雑誌を自炊して電子書籍化するのは、著作権法で「個人(または家庭)での使用に関して複製ができる」と明記されていますので適法。

 

「著作物を個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときには,次に掲げる場合を除き,その使用をする者が複製することができる。」と規定
引用:私的使用のための複製

 

そのため、複合機から自炊して販売したり他人と共有したり場合は著作権法違反になりますので注意しましょう。

 

 

『おすすめ!自炊の方法は?』

自炊の方法について、3つのポイントからみていきましょう。

 

  • 取り込みたい書籍・雑誌を裁断する
  • 複合機の自動送り機能
  • PDFデータ

 

複合機から自炊をする場合、まず書籍・雑誌を裁断する必要があります。

 

なぜなら、単に開いた状態だと中央部分が浮いてしまい、取り込んだ画像に色むらができるため。綺麗に複合機から自炊するコツは、取り込む書籍・雑誌の中央部分を丁寧にカットすることです。

 

また、何百もあるページ数の書籍・雑誌を1枚ずつスキャンすると、かなり手間がかかってしまいます。そのため、複合機の自動送り機能両面スキャンを活用すると、効率良く自炊ができるでしょう。
コラム:自動両面原稿送り装置(ADF)とは?【複合機の上の部分】

 

 

また、画像データは容量が大きいと表示が重くなりやすいため、ファイル形式はPDFがおすすめです。PDFファイルであれば、PDF編集ソフトで結合させ1冊の本にすることも可能です。

 

 

 

複合機で自炊(電子書籍化)する3つのメリットとは?

複合機で自炊(電子書籍化)する3つのメリットとは?

 

次に、複合機から自炊するメリットについて、みていきましょう。

 

  • 収納スペースがスッキリする
  • 探している書籍を見つけやすい
  • 劣化する心配がない

 

 

『収納スペースがスッキリする』

書籍・雑誌は1冊ならそれほど場所を取りませんが、大量の書籍・雑誌を所有するとなるとそれなりの収納スペースが必要です。

 

複合機で自炊すれば、現物の書籍・雑誌を所持しなくてもよくなるため、収納スペースがスッキリします。そのため、複合機での自炊は、収納スペースを確保するメリットがあります。

 

 

『探している書籍を見つけやすい』

収納スペースに置ける書籍・雑誌には限界があるため、ダンボールや収納ケース入れて物置で保管しているという方もいることでしょう。

 

そのような保管方法の場合、読みたい書籍・雑誌があった際に、どこに収納したのか分からず困りますよね。

 

複合機で自炊をすれば、パソコンやスマホ・タブレットなどの端末に所有している書籍・雑誌をすべて保管しておくことができます。そのため、探している書籍を見つけやすいというメリットがあります。

 

 

『劣化などの心配がなく安心』

紙媒体で保管すると、劣化していきます。書籍・雑誌のなかに、劣化したことで絵や文字の印刷が薄れたり、黒ズミができたりしているものもあるでしょう。

 

画像データなら劣化の心配がないため、複合機で自炊をして書籍・雑誌を電子書籍化しておくことで、状態を保ったまま保管することが可能です。

 

また、劣化だけでなく、破れや折れ目がついてしまう心配もありません。

 

 

 

さいごに|複合機を自炊(電子書籍化)しよう!

さいごに|複合機を自炊(電子書籍化)しよう!

 

複合機を使用すれば、所有している書籍・雑誌を自炊(電子書籍化)することができます。

 

今回ご紹介したとおり、さまざまなメリットがありますので、ぜひ複合機で自炊してください。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • 複合機の自炊とは、自ら所有する書籍や雑誌を イメージスキャナなどを活用してデジタルデータに変換して電子書籍化すること
  • 自炊は、書籍や雑誌を分解編集し、取り込んだ画像データを電子書籍化する一連の行為
  • 自炊のポイントは「書籍・雑誌の裁断」「複合機の自動送り機能」「PDFデータ」
  • 自炊のメリットは「収納スペースの確保」「書籍を見つけやすい」「劣化する心配がない」

 

本記事が、複合機の自炊について知りたい方の参考になれば幸いです。

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。

取り扱いメーカー

キャノン コニカミノルタ シャープ 富士ゼロックス ムラテック リコー 京セラ 東芝
Scroll Up