複合機6,900円以下

再生機(リフレッシュ複合機)とは?【中古機との違い】

再生機(リフレッシュ複合機)とは?

 

最近徐々に聞くようになった複合機として「再生機」というものがありますが、再生機とは2世代前ぐらいの複合機を部品単位でオーバーホール(分解・洗浄・組み立て)をして、破損があれば、別の部品を使用して使えるようにした複合機です。

 

再生機とは、回収した複写機を分解・洗浄して品質チェックをした後に、もう一度組み立てた製品のこと。
引用:捨てずに再生、再資源化

 

複合機メーカーによっては名称が変わり、「リフレッシュド複合機」「リユース機」「リコンディショニング機」とも呼ばれています。

 

見分け方として複合機の機種名の末に「R」「RG」「RC」が付いていると再生機となります。

 

どのメーカーでも大体80%~90%ぐらいの部品をリサイクルして再生機を販売しています。

 

位置付けとしては新品未満・中古以上ですね。

 

 

 

再生機(リフレッシュ複合機)のメリット

 

本体価格は新品よりも安い

オープン価格となっている為、定価というものが存在しませんが、基本的には新品よりも安いのが特徴です。

 

新品よりも滅茶苦茶安いという事はなく「新品よりもある程度安い」というぐらいです。

 

中古の様に大本が良く分からない販売店ではなく、大本がメーカー経由という事も信頼性の証として強いと思います。

 

 

 

「メーカー保守を受けられる」

新品と同様にメーカーの保守メンテナンスを受ける事が出来ます。

中古ですと基本的には販売店が行う自社メンテナンスとなりますが、メーカーの様に誰しもが一流という訳ではなく、担当によっての当たりはずれが大きいので、メーカーメンテナンスというのはメリットの一つです。

 

 

「リースが出来る信販会社もある」

リース会社もリフレッシュ複合機は「中をいじっているので中古」という判断をしている信販会社が多いですが、中にはクレディセゾンやオリックスの様にリースが出来る信販会社もあります。

所謂老舗的な古くからリース事業をしている信販会社では比較的リースが出来るイメージです。

弊社の提携会社である「オリコビジネスリース」「三井住友ファイナンス&リース」ではNGと言われました。

 

中古では完全にリースが出来ないです。

 

 

 

再生機(リフレッシュ複合機)のデメリット

 

カウンター料金が高い

メリットのところで、「本体価格が安い」と書きましたが、その反面カウンター料金は1.5倍ぐらい高いです。

ですので、毎月の印刷枚数が1000枚以上のところにはあまりメリットがありません。

 

 

カテゴリーでは中古扱い

結局のところ再生機はクリーニング作業をしているので、カテゴリーでは中古となります。

その為、新品同様という訳にはいきません。
カウンター料金が新品よりも高いのは故障リスクが新品よりも高いからです。

 

 

筐体が2~3世代前

複合機の基本性能自体は数年前から大きく向上する事は無くなっていますが、使いやすさ・耐久性・色写り等はどんどん上がっておりますので、やはり2~3世代前の筐体を使用していると中古として位置付けが妥当となります。

 

 

 

中古や新品との違いは?

機械の状態 中古 再生機 新品
本体価格の相場 15万円 40万円 60万円
カウンター料金の相場 6円/30円 2円/20円 1.5円/12円
耐久性 悪い 少し悪い 良い
保守会社 販売店 メーカー メーカー
リースが出来るか 出来ない 出来る信販もある 出来る

 

よく中古・新品・リフレッシュ複合機の違いは?と聞かれますが、一番分かりやすい違いとして中身をオーバーホール(分解・洗浄・組み立て)しているかしていないかの違いです。

 

中古はあくまでも外側だけをクリーニングをしているのですが、中身については一切触っておりません。

 

その為、耐久性はリフレッシュ複合機の方が優れております。

 

それから、リースが出来る信販会社というのも強みでしょう。

 

中古でもリース会社に新品ですと申告すればリース出来てしまいますが、リース会社が認めているという点は中古にはない強みです。

 

 

 

リフレッシュ複合機はおすすめ?

 

リフレッシュ複合機がおすすめかどうかと言えば、個人的にはおすすめはしません

 

新品同様に!という言葉で濁されておりますが、厳密にいえば違いますがオーバーホールは製品寿命を延ばす手法なので、新品同様にはなりえません。

 

私が見た個人的な統計ですと大体40万~50万ぐらいで設置されているケースが多く、平均的なリース料の相場の新品よりもちょっと安いぐらいです。

 

それなのに型は2世代前ぐらいの筐体を使っていますので、メリットは薄いですね。

 

弊社ではむしろ新品の方が安く販売出来ます。。。

 

リフレッシュ機はそもそもメーカー自体の在庫も少なく、大量生産が可能な現行機種と比べても割高になります。

 

個人的に言えば、印刷枚数が極端に少なければ中古でいいですし、多ければ新品の方がいいので、中途半端ですね。

 

 

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。

取り扱いメーカー

キャノン コニカミノルタ シャープ 富士ゼロックス ムラテック リコー 京セラ 東芝
Scroll Up