コピー機複合機の給紙トレイとは?必須のオプション?

2018年04月13日

 株式会社じむやがご提案!全国でTOPクラスに安いコピー機・複合機


 

 


 

 

 
目次

①複合機の給紙カセットとは?
②複合機の給紙カセットオプションの種類
③給紙カセットのオプションは必須?

 

 

 

①複合機の給紙カセットとは?

メーカー 給紙カセットの名称
ゼロックス トレイモジュール
キャノン ペディスタル
リコー 給紙テーブル
コニカミノルタ 給紙キャビネット
シャープ 給紙トレイ
京セラ ペーパーフィーダー
東芝 給紙装置

 

業務用フルオプションA3カラー複合機月額6,900円
リース・販売している株式会社じむやの堀田です。

 

皆さんの一番身近に設置してある業務用の複合機と言えば、やはりコンビニの複合機です。

 

お問い合わせを頂いた際に、どの様なサイズの複合機を希望しているか聞く時に、「コンビニに置いてある様な複合機をご希望でしょうか?」というと非常に伝わりやすいです。

 

そして、コンビニの業務用複合機には、4箇所にコピー用紙を入れる引き出しがあるのが分かるでしょうか?

 

この引き出しの事を「給紙カセット」「給紙ユニット」「給紙デスク」等と呼んでいます

 

また、メーカーによって呼び方は違いまして、上記のテーブル表の様な呼び方になります。

 

 

 

②複合機の給紙カセットオプションの種類

給紙カセットの種類 概要
2段給紙カセット 一般的な4段タイプの構成です。
大容量給紙カセット 2000枚以上のA4コピー用紙が入る構成です。
専用デスク(キャビネット) 高さは4段と同じですが、2箇所しか紙を入れる事が出来ず、下2段分はコピー用紙やトナーを収納できるスペースとなっている構成です。
キャスター 1段 又は 2段分の高さしかない構成です。

 

複合機本体には、1段 又は 2段が標準カセットとして付いております

 

実は複合機本体標準装備のカセットとは別で、オプションを付けて4段カセットにしているのです。

 

また、給紙カセット系のオプションには上記の様な4種類のオプションがあります。

 

やはり一般的な4段カセットが一番良く出る構成ですが、それと遜色がないぐらい出ているのが、専用デスク(キャビネット)タイプの複合機です。

 

今の時代A4とA3しか使わない企業さんも多くなってきており、たまに違うサイズの用紙を使う場合でも、用紙を差し替えるだけで自動的に複合機がサイズを検知してくれます。

 

また、その手間さえ惜しむのでありましたら、手差しを第3のカセットとして設定も可能です。

 

下のキャビネットには、コピー用紙やトナーを収納できるスペースとなっているので、余分な場所も取らずに4段カセットよりも3万円ぐらい安くなるので、価格的にもメリットは出ます。

 

 

 

③給紙カセットのオプションは必須?

 

最近よくある質問として「給紙カセットのオプションは必須ですか?」という様な質問があります。

お客様としては、少しでも安くしたいので、その様な事を言われるケースがあります。

 

結論から言えば、必須です。

標準装備の下には何かしらのオプションを付けなければいけません。

 

というのも、メーカーも必須オプション前提なので、標準装備のカセットを下から見ると、中の機械部分が丸見えとなっております。

 

ただ、どうしても高さ的にオプションを付けると設置出来ない場所の場合は、カセットオプションを付けなくても設置出来る事は出来ます。

 

しかし、デメリットとして「2段カセットの場合は、2段目が地面との圧で、実質1段しか使えない」「埃等が入りやすくなり、壊れやすくなる」という事があります。

 

 

 

関連記事

コピー機・複合機を格安リース料金で販売!相場と比較せよ!

おすすめオフィス用複合機メーカー10社!リースに最適!

コピー機複合機のカウンター料金とは?相場や最安値は?

リースとレンタルの違い【複合機コピー機】

複合機のリースの仕組み【メリットやデメリット】

レーザープリンターの仕組み【トナーや感光体ドラムとは?】

複合機やコピー機の保守メンテナンスってどこまで無料??

カウンター料金0円!の落とし穴【別で費用が発生する】

コピー機複合機のリース契約後の解約キャンセルは出来る?

複合機コピー機のリースの途中解約は可能?

複合機のリース組み換えの謎【残債はどうなるの!?】

コピー機複合機の法定耐用年数は?【減価償却や寿命】

TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼