複合機6,900円以下

複合機のキャスターは地震対策になる?!あなたのオフィスを守る方法をご紹介!

オフィスではどの程度の地震対策が行われていますか。

 

本記事では、忘れてしまわれがちな複合機の地震対策について紹介します。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

複合機で便利なキャスター!危険な落とし穴とは!?

複合機で便利なキャスター!危険な落とし穴とは!?

 

複合機は、事務機器のなかでも重量がある機器のひとつです。

 

複合機の重さはメーカーや機種によって異なりますが、平均すると75kg~85kg程度あり、重いものだと100㎏を超えている機種もあります。

 

設置した複合機を別のところに移動させるようなことは滅多にはありませんが、オフィスの移転や模様替えなどで、複合機を異動させなくてはいけなくなることもあるでしょう。

 

そうした理由での将来的な移動を考慮して、複合機の底部にキャスターを取り付けていたり、キャスター付き台に載せているというところも多いのではないでしょうか。

 

キャスターを活用すれば、下記のような用途で使えて便利です。

 

  • 使用しないときは奥に収納しておいて、使いたいときだけ前に出して使える
  • 簡単に移動できるためメンテナンスが楽
  • 複合機周辺の掃除が楽にできる

 

しかし、便利なキャスターに危険な落とし穴がひとつあります。

 

その危険な落とし穴とは地震です。

 

日本は、地震大国として知られる国のひとつ。内閣府の発表によると、全世界のマグニチュード6.0以上の地震の18.5%が日本で起きており、2004年から2013年の間に世界で1,629回起こったマグニチュード6.0以上の地震の内の302回が日本で起こっています。

 

日本が地震大国となっている理由は、日本は「ユーラシアプレート」「北アメリカプレート」「太平洋プレート」「フィリピン海プレート」という4つのプレートの交差上に位置しているため。プレートとは約100キロのいくつかの厚い岩盤の層で、プレートはゆっくり海側の海底に向かって引き込まれるように動いています。

 

しかし、ある程度まで引き込まれるとバネのようにもとに戻ろうとします。

 

このプレートがもとに戻ろうとした際に起きるのが地震で、日本は地震を引き起こすプレートのうえ、しかも4つのプレートの交差上に位置しているためよく起きるのです。

 

そんな地震大国の日本のオフィスでは、事務機器の地震対策は必須。地震対策をしておくことで、高額な事務機器の破損が防げるということもありますが、地震の際に複合機のような大型事務機器は凶器と化します。

 

機種によっては100㎏を超えていることもある重い複合機が、自分に向かって迫ってきたら大変危険。複合機にキャスターをつけておけば移動しやすくなって便利ではありますが、地震など災害が起こった際に自由に動いてしまい、通常でも危険な複合機をより危険な凶器にしてしまうのです。

 

 

複合機キャスターの地震対策を3つのポイントで紹介!

複合機キャスターの地震対策を3つのポイントで紹介!

 

地震の起きた際に、複合機をより危険な凶器にしてしまうキャスターですが、よく複合機を移動させることのあるオフィスはつけておいた方がよいでしょう。

 

きちんと対策をしておけば、凶器と化す可能性を下げられます。

 

複合機における地震対策は「複合機の地震対策できてますか?もしもに備えて万全の対策をしよう!」の記事でも解説していますのでぜひ、ご覧ください。

 

ここでは、キャスター付きの複合機での地震対策を下記の3つで紹介します。

 

  • アジャスター
  • ストッパー
  • 固定バンド

 

詳しくみていきましょう。

 

 

『アジャスター』

機種によっては底面にアジャスターがついているものもあります。

 

複合機をキャスター付き台に載せている場合には使えない方法ですが、もしアジャスターが使えるのなら地震の際に動きにくくできます。

 

アジャスターは、家具や機器の脚や底部に取り付けて高さを調整する器具です。

 

本来は、傾いている床に設置した家具や機器の水平に保つ目的で使用する器具ですが、使うことで複合機が床としっかり密着して、地震の際に移動したり転倒したりするのをある程度防いでくれる効果を期待できます。

 

 

『ストッパー』

移動させない際にはキャスターストッパーをつけておくと、急に地震が発生しても、ストッパーが複合機の移動を抑止してくれます。

 

キャスターストッパーとは、キャスターが動かないようにとどめておく器具のこと。車輪の下に設置するタイプや車輪の横や側面に取り付けるタイプなどいくつかの種類があり、素材もゴム製やスチール製、低密度ポリエチレン製、鉄製などいろいろあります。

 

複合機の重量や大きさ、キャスターの形状によって使えないタイプもあるので注意しましょう。

 

 

『固定バンド』

複合機を壁や床とバンドやワイヤーで固定しておけば、地震が起きても安全です。

 

キャスターを付けていない複合機での地震対策としてもおすすめの方法のひとつですが、壁や床に固定用器具を設置するためにねじ穴を開けなければなりません。

 

そのために工事が必要となることもあり、壁や床を傷つけることになります。

 

また、重量のある複合機を固定するため壁や床にある程度の強度も必要です。

 

 

さいごに|安心して業務を行うために日々の点検を!

さいごに|安心して業務を行うために日々の点検を!

 

今回は、複合機のキャスター部分の地震対策について解説しました。

 

無対策だったという方はこれから取り組んでもらいたいです。

 

対策済みであっても日々の点検を忘れずに、安全を意識してください。

 

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。

取り扱いメーカー

キャノン コニカミノルタ シャープ 富士ゼロックス ムラテック リコー 京セラ 東芝