【ゼロックス複合機】ApeosPortC2360の評判・特徴・口コミ

2020年10月06日

目次

①ApeosPortC2360の特徴
②ApeosPortC2360の評判
③ApeosPortC2360の口コミ

 

 

富士ゼロックスから販売されているApeosPortC2360はかあんりの性能を誇っているということで、多くの評判や口コミを集めています。これから複合機の導入を考えているなら、どんな特徴があるのか知っておく必要性があります。

 

それでは、富士ゼロックスのApeosPortC2360の特徴や評判、口コミについてご説明しましょう。

 

 

 

①ApeosPortC2360の特徴

ゼロックス ApeosPortC2360PFS-2T

ApeosPortC2360(Model-CPFS-2T)
対応エリア 全国対応
メーカー ゼロックス
リース料金 月額 6,900円以下(6年リース)
カウンター料金 モノクロ 激安カウンターでご提供!
カラー 激安カウンターでご提供!
トナー料金 0円!
メンテナンス料金 0円!
初期費用 0円!

 
 

ApeosPort C2360の複合機の評価
本体価格(性能との費用対効果) ★★★☆☆
カウンター料 ★★★☆☆
耐久性 ★★★★★
メンテの速さ ★★★★★
色写り ★★★★☆
デザイン(個人的) ★★★★☆
ゼロックスの複合機のブランド力 ★★★★★
総合 ★29

 

発売日 2020年8月 本体価格(税別) 790,000円~
形式 デスクトップ スリープモードからの立ち上げ 12秒以下
カラー対応 フルカラー ファーストコピータイム フルカラー:8.1秒

白黒:5.9秒

読み取り解像度 600dpi × 600dpi 複写倍率

(ズーム)

25~400%
書き込み解像度 1200dpi × 2400dpi 給紙方式

給紙容量

カセット:560枚

手差し:100枚

階調数 256階調 連続複写枚数 999枚
原稿サイズ A3 最大消費電力 1,500W
自動検知できる

原稿サイズ

A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5、A5R、B6、A6R 大きさ

(幅×奥行×高さ)

616㎜×659㎜×1040㎜

 

 

 

ApeosPortC2360の特徴は誰でも簡単に使いこなせる上にスムーズに繋がりやすく、管理や運用も安心してできるなどが挙げられます。

 

元々他の複合機と比べても若干サイズが小さいですが、その分誰でも使いやすい直感的な操作が可能なのが特徴です。

 

特にタッチパネルは7型を採用しており、まるでスマートフォンを操作するかのような感覚で運用できます。

 

チルト機構によって見やすい画面に調整できるだけでなく、多言語にも対応しているのもポイントです。

 

モバイル端末やクラウドともスムーズに連携できるのはもちろん、パソコンを介さずに直接USBメモリーからプリントやスキャンができるため、パソコンを介す手間が省けます。

 

さらに小型ながらも最大2340枚の給紙容量を誇り、トレイには560枚、手差しトレイには100枚もの給紙を標準装備しているので、給紙の手間を省くことができます。

 

スキャンマルチ送信機能により、パソコン、メール、URL送信を同時に行うことも可能です。

 

このように複合機単体で見ても非常に高性能の基本性能が備わっていますが、何よりも語っておきたいのは、初心者でも非常に使いやすい事、そして富士ゼロックスお馴染みのカラー精度の高さです。

 

元々富士ゼロックスは顧客満足度No.1と言われるほどカラー精度が非常に高く、ApeosPortC2360もご多分に漏れず凄まじいほどの精度を誇っています。

 

そして初心者でも簡単に扱える操作性の高さは、初めて複合機を導入するオフィスにとって大変ありがたいものです。

 

普段からよく使っている機能や設定をApeosPortC2360に覚えさせることもできますし、基本的に複合機は一つの操作画面でのみ操作を行うものだと思いますよね。

 

しかし、ApeosPortC2360はみんなで使う操作画面に加え、自分専用の操作画面もカスタマイズできるのが特徴です。

 

スマートフォンを操作するかのようにホーム画面のアイコンをドラッグ&ドロップで変更できますし、使わないであろうアイコンは非表示にもできてしまいます。

 

さらによく使う機能や設定をアプリ化してホーム画面に登録するワンタッチアプリというのもあります。

 

設定も非常に簡単で、誰でもよく使う機能や設定をワンタッチで操作できることから、操作時間の短縮にもなるでしょう。

 

 

 

②ApeosPortC2360の評判

 

以上のような性能を持っていることから、ApeosPortC2360の評判は極めて高いです。

 

ApeosPortC2360の機能をもってしてもワンタッチアプリに登録できない業務がある場合でも、よく使う設定をプリセットとして保存できます。

 

本来であれば複雑な設定を必要としますが、プリセットとして登録しておけば簡単に設定変更ができます。

 

プリセットを呼び出す際にその都度設定変更もできるため、効率的で柔軟に業務を遂行できるなど、性能の良さが拍車をかけていると言えるでしょう。

 

さらにオフィスの環境に合わせて複合機自体をカスタマイズできるのも大きな強みです。

 

トレイの段数や後処理機など計6種類の組み合わせられるので、オフィス環境に合わせて使いやすいようにカスタマイズできますよ。

 

 

 

③ApeosPortC2360の口コミ

ApeosPortC2360の口コミは残念ながら見つかりませんでしたが、それでも評判が高く、高性能であるが故に安心して使えることに変わりはありません。

 

安心して使用できるように充実したセキュリティ性能が備わっており、ユーザー認証と権限、管理機能の保護、通信データの保護、複合機内に記録された保存文書の保護、設定や操作ミスの防止、複合機ソフトウェアのログの管理とその保護など、機密文書並みの重要な情報が外部に漏洩しないようになっています。

 

複合機が起動する際にプログラムの改ざんがないかチェックし、もし改ざんを検知した場合は複合機が起動しなくなります。

 

稼働中でもウイルスや不正アクセスなどを検知するので安心して使えるのがポイントです。

 

ApeosPortC2360はカラー複合機として破格の性能を誇っており、初心者でも簡単に使える設定やセキュリティ性能の高さも相まって非常に評判が良い複合機です。

 

カスタマイズの応用も利き、タッチパネルを使いやすいようにできるなど大変使い勝手が良いです。

 

複合機を導入するなら、是非ともApeosPortC2360を導入してみてはいかがでしょうか。

 

 

キャノンの機種

・【現行機種】iR-ADVC3720Fの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】iR-ADV C356F IIIの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】iR-ADV C3330F-RGの評判・特徴・口コミ

・【販売終了】iR-ADVC3530FⅢ/3520FⅢの評判・特徴・口コミ

・【販売終了】iR-ADV C3320Fの評判・特徴・口コミ

京セラの機種

・【現行機種】TASKalfa2553ciの特徴・評判・口コミ

・【現行機種】TASKalfa 3253ciの特徴・評判・口コミは?

・【現行機種】TASKalfa 4053ciの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】TASKalfa 5053ciの評判・特徴・口コミ

・【現行機種】TASKalfa 8052ciの評判・特徴・口コミ

ゼロックスの機種

・【現行機種】DocuCentreVI C2264の評判・特徴・口コミ

・【現行機種】DocuCentre-VII C2273PFSの評判・口コミ

・【現行機種】DocuCentre C2000の評判・特徴・口コミ

・【販売終了】DocuCentre SC2021の評判・特徴・口コミ

コニカミノルタの機種

・【現行機種】bizhub C227の評判・特徴・口コミ

・【現行機種】bizhubC250iの評判・特徴・口コミ

・【販売終了】bizhub C258の評判・特徴・口コミ

リコーの機種

・【現行機種】RICOH IM C2500の特徴・評判・口コミ

東芝の機種

・【現行機種】e-STUDIO2515ACの特徴・評判・口コミ

・【販売終了】e-STUDIO2000AC/2505ACの特徴・評判・口コミ

シャープの機種

・【現行機種】MX-3631/MX-2631の特徴・評判・口コミ

>>コラム一覧

The following two tabs change content below.
業界歴10年以上の生粋の複合機営業マン。勤めていたOA機器会社のあまりの悪徳営業っぷりに嫌気がさし「株式会社じむや」を設立。 複合機業界の赤裸々なコラムを発信し続け、価格崩壊を招いた張本人。 競合他社から2週間に1回はクレームが入る程の激安正直価格で複合機を全国にリース販売しています。
TOPページ 月々6,900円以下コピー機リース 電話でお見積り依頼 メールフォームでお見積り依頼